三田線 大手町 駅 構内図

恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。

京王電鉄・京王グループのウェブサイト。京王線の路線案内、運行情報、時刻・運賃表や京王沿線案内など 構内マップが必要な駅を、下の3つ検索方法からお選びください。 駅名を選ぶとPDF(※)ファイルとしてダウンロードできます。 住所:千代田区 丸の内1-3-1先 電話:03-3211-1962. 駅名 読み 駅間キロ 営業キロ 接続路線・備考 松阪駅 まつさか - 0.0 日本国有鉄道(国鉄):紀勢本線・名松線 近畿日本鉄道(近鉄):山田線 平生町駅 ひらおまち 0.5 0.5 三重交通:大口線(1948年休止) 茶与町駅 ちゃよまち 0.6 1.1 花岡駅 はなおか

乗り換え案内. 路線名 区間 備 考 瑞浪中央線 瑞浪駅前 -東濃厚生病院前-益見バロー前-和合公園-ピアゴ-市役所- 瑞浪駅前 山田線 瑞浪駅前 -市役所-クリエイションパーク-明賀台-大法原団地-市役所- 瑞浪駅前 学校線 瑞浪駅前 -中京高校前 瑞浪駅前 -中京高校前-瑞浪高校前 なばなの里イルミネーションに伴う、急行列車の近鉄長島駅 臨時停車のご案内はこちらをご覧ください。 閉じる ホーム > 近鉄電車ご利用案内 > 駅の情報 > 主要駅構内図 > 駅構内図 伊勢市駅 2020年8月1日現 … All Rights Reserved. 駅構内図をpdfで見る . 設定変更の方法は、下記をご覧ください。, 以下の検索方法をご選択ください。, インターネット予約・発売サービス, 駅にポスターを貼りませんか?, 快適に電車・駅をご利用いただくために, お客様満足度向上への取り組み. 近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 日比谷(I-08) 神保町(I-10) ここからローカルナビです。 時刻表; 店舗・ロッカー・ATM等; 構内図; バリアフリー設備 ; 出入り口情報; 定期券販売情報; バス情報; ローカルナビここまでです。 基本情報. に近く大手町方面から比べて人通りが少なくなるね。, 本屋とドトールがあるので待ち合わせには便利だよ。. 構内図; 出口案内 ; 駅周辺地図; 運行情報; 路線図 路線図(エリア) 路線図(停車駅) 特集・記事. 最新の情報は各社提供の駅案内図を併せてご覧ください。 東京地下鉄(東京メトロ) 東京都交通局. 大手町駅 避難確保・浸水防止計画 (PDF:931.3 KB) 水防法に基づき、洪水時のお客様の円滑かつ迅速な避難の確保および浸水の防止を図るための計画を作成・公表しています。 大手町(東京)駅の駅情報はこちら .

お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 大手町駅の構内図. 三田線から他の路線へは 一度改札を出なければな ... 触知図案内板 待合室 公衆電話 ... 丸ノ内線・半蔵門線へ 大手町駅構内案内図 . 概要 大阪(大阪上本町駅および難波線 大阪難波駅)と名古屋・伊勢志摩方面を結ぶ特急列車が通る近鉄の基幹路線の一つである。 また、三重県伊賀地域・奈良県 中和地域・大阪府中河内地域から大阪市内への通勤・通学路線としても機能している。 線路は赤目四十八滝の最寄駅、赤目口駅に達し、山間から名張盆地へと移っていく。名張川を渡ると車両基地を構えた名張駅に到達。駅の売店には関西で売られている商品だけでなく、中日新聞・中日スポーツなど東海・中部地方でよく見られる商品が並ぶようになり、関西(近畿)地方と中部地方の境界的な様子を見せる。利用客もこの駅からは大阪方面ではなく津・四日市・名古屋方面に向かう通勤、通学客が現れてくる。, 名張駅を出てしばらくは名張の市街地を通り、桔梗が丘駅に至る。この駅を過ぎると線路は住宅街を出て田園地帯を走る。美旗駅を過ぎ、伊賀市に入ると伊賀神戸駅に着く。この駅から伊賀鉄道伊賀線が北に分かれており、伊賀市(旧上野市)の中心部、上野市駅へはここで乗り換えとなる。大阪線の線路は木津川を渡り、さらに山間部を進んで車庫を構える青山町駅に出る。, 青山町駅から先、伊賀上津駅・西青山駅・東青山駅・榊原温泉口駅にかけてはほとんど人家がない完全な山(布引山地)の中を進むことになる。この辺りは近年鹿が多く出没しており、特に東青山駅周辺では2015年の1年間だけで過去最多となる17件もの鹿との衝突事故が発生している[3]。またトンネルも多く、この間で全長5,652mの新青山トンネル、1,165mの垣内(かいと)トンネルを通る。新青山トンネルを通り抜けると線路は津市に入る。, 榊原温泉口から先もしばらくは山間部、トンネルを進むが、大三駅を過ぎたあたりから山を抜け、田園地帯に入る。伊勢石橋駅を過ぎると徐々に住宅も多くなってくる。川合高岡駅まで来るとほぼ平地であり、完全に山を越えたことを実感させられる。この川合高岡駅の程近くにはJR名松線の一志駅がある。, 線路はその後伊勢自動車道をくぐり松阪市に入って、左手方向に名古屋線への連絡線が分かれる。中村川を渡ると名古屋線の線路が迫り合流して、大阪線の終点伊勢中川駅に到着する。この駅は大阪線・名古屋線とも始終着駅ではあるが、線路自体はこの駅より山田線となって宇治山田・賢島方面に続いており、伊勢中川より大阪、名古屋方から直通運転する列車も多い。, 大阪線では、特急・快速急行・急行・準急・区間準急・普通が運転されている。ここでは特急以外の各種別の詳細を示す。なお、特急は「近鉄特急」の項を参照のこと。, ラッシュ時の増結運転を考慮して特急停車駅・快速急行停車駅・大阪上本町駅 - 高安駅間の準急停車駅のホームは10両まで対応している。, 大阪上本町駅から青山町駅を越えて山田線に直通運転される快速急行・急行には原則トイレ付きの車両が充当されるが、ダイヤ乱れが起きた場合はトイレのない車両が運用に入ることがある。トイレ付き編成はそれぞれが限定運用となっており、車両運用の都合で準急以下の種別にもトイレ付き車両が充当される列車が存在する。, 特急以外の各種別は、奈良線のそれらとは異なり難波線に乗り入れる定期運用が存在せず、ごく一部の団体臨時列車を除き、阪神線との相互直通運転も実施していないため、難波線・阪神線とは大阪上本町駅 - 布施駅間のいずれかの駅で乗り換える必要があるが、鶴橋駅を除いて対面乗り換えはできない。, 昼間時以外に運転され、朝方は平日は下り2本、休日は1本を除き上りのみ、夕夜間は全日下りのみの運行である。上りは名張駅・青山町駅発大阪上本町駅行きが、下りは大阪上本町駅発名張駅(土休日のみ)・青山町駅・山田線松阪駅・宇治山田駅(平日のみ)・鳥羽線五十鈴川駅(土休日のみ)・鳥羽駅行きが設定されている。大阪線内では布施駅を除いた阪伊乙特急の停車駅に加えて五位堂駅・桜井駅・室生口大野駅・赤目口駅・美旗駅・青山町駅に停車する。通勤時間帯の長距離速達種別という位置付けであるが、赤目口駅 - 青山町駅間を各駅に停車することで、同区間における普通列車としての役割も担う[注釈 2]。, 編成両数は6両編成を基本に、青山町駅以西は最大10両、以東は4両・6両編成で運転される。このため名張駅や青山町駅で車両増結・解放を行う列車もある。, 途中駅での他種別との連絡については、五位堂駅・大和八木駅・榛原駅または名張駅で準急以下の種別との接続、名張駅・青山町駅では伊勢中川駅発着の普通との接続を考慮して、下り列車(後述の急行も含む)の一部は名張駅で大阪難波駅発の名阪乙特急と緩急接続する一方で、上り列車は運転間隔が異なるために朝の一部を除けば名阪乙特急とはほとんど接続しない。, 特急列車の待避は主に大和八木駅・榛原駅・名張駅で行われるが、青山町駅 - 大阪上本町駅間の列車については全区間先着となる列車もある。大阪上本町駅 - 伊勢中川駅間の最短所要時間は1時間41分である(表定速度65km/h、2016年3月19日時点)。, 本数は少ないが鳥羽線内発着の列車も運転されている。五十鈴川駅発着の列車は、2012年3月19日以前は下りは臨時列車や延長運転を除いて運転されていなかったが(急行もほぼ同様)、2012年3月20日のダイヤ変更で休日下り最終の宇治山田駅行きを延長して五十鈴川駅行きが設定された。2014年9月21日のダイヤ変更で平日朝方と全日夜下りに五十鈴川駅発着列車が設定されたが、2018年3月17日のダイヤ変更で土休日下り1本のみとなった。2020年3月14日のダイヤ変更で鳥羽線内発着の大阪上本町行きがなくなり、山田線も含めて上りの快速急行は全て青山町駅以西のみとなる。なお、鳥羽線・山田線内発の上り列車は名張駅まで急行で、名張駅から快速急行に種別が変更されて運行される。, 鳥羽駅発着の列車は、上りが2004年3月17日までは夕刻にも設定されていたが、運転区間の短縮で2012年3月20日のダイヤ変更で消滅。下りは休日夕方に残っていた1本が2016年3月19日のダイヤ変更で一旦消滅したが、2018年3月17日のダイヤ変更で平日も含めて鳥羽駅発着列車が再度設定された。, 区間快速急行が運行されていたころは交互に運行していた。下り列車は夜20時台までの運行で、21時以降は代わって区間快速急行が運行されていた。, 近年では急行への変更ないしは減便などで運転本数は年々減少しており、2013年3月17日のダイヤ変更で朝の下り列車が平日の8時台を除いてすべて急行に変更され、2016年3月19日のダイヤ変更で下り列車は18時台と19時台および20時台の1本、上り列車は朝5時台から7時台の一部および平日17時台の名張駅始発1本を除いた全列車が急行に格下げされ、2018年3月17日のダイヤ変更で平日朝2本と休日朝の伊勢方面始発および平日17時台の名張駅始発の快速急行も消滅した。また、2016年3月18日までは大和八木駅止まりと山田線宇治山田駅発着列車が、2003年3月5日までと2012年3月20日から2013年3月16日までの間には伊勢中川駅始発の列車(近鉄名古屋駅 - 伊勢中川駅間を急行として運転し、伊勢中川駅で大阪上本町行き快速急行に種別変更したもの)も運転されていた。全線通し運転列車の所要時間は年々増加傾向にあり、運転時間帯も2003年3月6日のダイヤ変更以降は上り列車を中心に徐々に縮小傾向にある。2020年3月14日のダイヤ変更では大阪上本町駅に朝7時30分頃から8時50分頃に到着する列車が計6本設定されており、朝9時を過ぎて到着する列車は1本もない[注釈 3]。, 1978年3月18日までは本種別が急行として運転されていた(「過去にあった列車種別」を参照)が、1978年3月18日のダイヤ変更(布施駅3層化改造工事完成に伴う変更)で快速急行に変更された。停車駅は2001年3月22日のダイヤ変更で五位堂駅が、2003年3月6日のダイヤ変更で美旗駅が、2012年3月20日のダイヤ変更で区間快速急行と統合された上で室生口大野駅と赤目口駅[4]がそれぞれ停車駅に追加されたが、一方で伊賀上津駅・西青山駅・東青山駅の3駅が通過となった[4]。ただし、朝のラッシュ時に伊勢方面からの名張止まりの急行が名張駅で大阪上本町行き快速急行に種別変更して運転されており(即ち2012年3月19日まで運行されていた区間快速急行と同じ停車駅で運行)、これら快速急行が通過するようになった駅から大阪方面へ乗り換えなしに利用できる。, 2020年3月16日以降は、同年3月13日で運転を終了する鮮魚列車に代わり、平日朝に鮮魚運搬専用車両としてラッピング車両「伊勢志摩お魚図鑑」を連結した松阪発大阪上本町行き快速急行(名張駅まで急行)が運転される[5]。, 終日運転されており、大阪上本町駅 - 名張駅・青山町駅・鳥羽線五十鈴川駅間の運転が基本。昼間時は1時間に3本の運転で、名張駅・青山町駅・五十鈴川駅折り返しが各1本設定されている。快速急行の停車駅に加え布施駅・河内国分駅・大和朝倉駅・長谷寺駅・三本松駅・伊賀上津駅・西青山駅・東青山駅に停車する。河内国分駅と大和朝倉駅・長谷寺駅・三本松駅・伊賀上津駅・西青山駅のホームの有効長が6両編成分までであることに加えて(ドアカットは行わない)、乗降客が多いが緩急接続ができない布施駅(列車待避は可能)に停車するため、混雑が激しく快速急行や準急の編成両数と運転本数が増える朝ラッシュ時の上りや夕方ラッシュ時の下りには運転されていない。従って、8・10両運転の快速急行を必要としない閑散時間帯の長距離速達種別という位置付けとなっており、準急・区間準急・普通の本数が激減する桜井駅 - 榊原温泉口駅間を各駅に停車することで、この区間における普通列車としての役割も担う。編成両数は4両・6両編成で、快速急行同様に名張駅や青山町駅で車両増結・切り離しを行なう列車もある。, 昼間時以外(快速急行運転時間帯)は大和八木駅・伊勢中川駅発着列車と五位堂駅・名張駅 - 伊勢中川駅・山田線直通の区間運転、平日朝ラッシュ以降と土休日全時間帯の伊勢方面始発列車はこの種別で運転されており、一部は山田線宇治山田駅・鳥羽線鳥羽駅始発となる大阪上本町行きのほかに、2018年3月16日までは名張駅始発の名古屋線近鉄名古屋行き(特急とは異なり伊勢中川駅でスイッチバック)が早朝に1本設定されていた。時刻表上では名古屋線直通は存在しないが、早朝に名古屋線内を伊勢中川行きの急行または普通として運転した列車が、伊勢中川駅到着後に伊勢中川駅始発大阪上本町行き急行として継続運転する列車が2本設定されている。このほか、青山町駅 - 名張駅間を普通として運転し、名張駅で大阪上本町行き急行に種別変更する列車や朝のラッシュ時に伊勢方面からの一部急行列車が名張行き急行として運転し、名張駅で大阪上本町行き快速急行に変更する列車もあるほか、早朝に五位堂駅や大和八木駅で一部の普通列車が終着駅で急行に変更する列車もある。, 途中駅における他種別との連絡は、大多数の列車が河内国分駅や五位堂駅、大和朝倉駅、一部の列車で大和八木駅で準急以下の種別と相互接続が行われており、名張駅・青山町駅折り返し列車は名張駅(一部時間帯は青山町駅)で伊勢中川駅発着の普通と阪伊乙特急の接続が考慮されている。そのうち、大阪上本町駅を毎時11分に発車する下りの青山町行きは一部時間帯を除き、名張駅にて名阪乙特急および京伊特急との接続が考慮されている。一方で、五十鈴川駅直通の上り列車については2016年3月19日ダイヤ変更で日中(9時台 - 平日16時台・休日14時台まで)における五十鈴川駅での発車時刻が約5分繰り上げられたために名張駅にて名阪乙特急との相互接続が可能となった反面、伊勢中川駅での名古屋線急行との連絡が悪くなり、2018年のダイヤ変更で大阪上本町駅や五十鈴川駅における急行の発車順序が入れ替えられた結果、上下列車ともに10分 - 15分程度の連絡待ち時間が生じており、夕刻以降の五十鈴川行きも伊勢中川駅で名古屋線急行と連絡しない列車が数本存在する (松阪駅以南発着の快速急行も同様) 。, 特急列車との相互接続や待避は大和八木駅・榛原駅・名張駅を中心に、日中は待避可能駅の布施駅・河内国分駅・青山町駅・東青山駅で行い、夕方以降は五位堂駅・大和朝倉駅でも特急列車の待避が行われるが、青山町駅・名張駅発着の列車は始発から終点まで列車待避の無い列車もある。その回数は列車によって異なるが、伊勢中川駅以南に直通する列車を中心に2回行うことが多い。昼間時間帯の乙特急の当線内所要時間が最速で1時間21分(表定速度79km/h)であるのに対して、急行は停車時間を含めて昼間の最速列車で1時間48分(表定速度60km/h)、朝夕の列車は概ね1時間52分(表定速度58km/h)、最大で2時間(表定速度54km/h)かかり、25 - 40分程度の時間差・速度差がある。, 2003年までは鳥羽・五十鈴川発列車が多く設定されていたが、2004年3月のダイヤ変更で大多数の列車が宇治山田駅折り返しに変更となった。また、2012年3月20日のダイヤ変更で青山町駅発着列車の約半数が名張駅発着に短縮されている。2014年9月21日のダイヤ変更で宇治山田駅折り返しが一部を除き五十鈴川駅折り返しに変更となった。2018年3月17日のダイヤ変更で青山町駅・五十鈴川駅発着列車の一部が伊勢中川駅発着に変更となった。, 長年日中の大阪上本町駅発の急行は毎時15分発が五十鈴川駅、宇治山田駅行き、31分もしくは35分発が名張駅、青山町駅行、52分発が青山町駅行き急行だったが、2018年3月17日のダイヤ変更以降は毎時11分発が青山町駅行き、28分もしくは31分発が五十鈴川駅行き、52分発が名張駅行き急行に変更になったが、2020年のダイヤ変更では日中の青山町駅行きと名張駅行きの発車順序が入れ替わった。, 前述のように利用客の多い布施駅や河内国分駅に停車し、快速急行が通過して普通列車の本数が激減する三本松駅や伊賀上津駅・西青山駅・東青山駅に停車するため、快速急行の中でも6両編成以上の増結運転を必要としない列車を中心に順次急行に格下げしていることなどで運転時間帯は年々拡大しており、2013年3月17日のダイヤ変更で平日の夜間に上りの急行が増発、および朝の下り快速急行の大半と平日夜間の上り快速急行の一部が急行に変更されたことから、朝の6時台から平日は22時台まで、休日は19時台までの運転となった。また、2016年3月19日のダイヤ変更で早朝5時台の上り列車と17時台および20時台の1本を除く下り全列車、平日名張駅17時台発1本を除いた夕刻上りの全列車が急行に変更、2020年3月14日のダイヤ変更で大阪上本町駅に概ね朝7時半頃までに到着する快速急行を急行に変更の上増発(朝6時台後半から7時台前半に大阪上本町駅に到着する10両編成の快速急行3本を6両編成の急行5本に置き換えた。うち2本は五位堂駅まで普通列車として運転し、五位堂駅で急行に種別変更する)されたため、終日運転する形態となった。かつては大阪市中心部から奈良県・三重県主要駅への速達列車の役割であったが、2003年に河内国分駅停車となり大阪府内の速達列車の役割も担うようになった。, 現在の急行は1978年3月に設定された2代目である。これ以前の急行については「過去にあった列車種別」を参照。, 昼間時以外に大阪上本町駅 - 大和朝倉駅・榛原駅・名張駅間で運転。一部は高安駅・五位堂駅・大和八木駅発着である。大阪上本町駅 - 河内国分駅間では急行の停車駅に加えて近鉄八尾駅・河内山本駅・高安駅に停車して大阪府内での短距離速達種別としての役割と、河内国分駅 - 名張駅間で各駅に停車することでその区間における普通列車としての役割を担う。全線通しで運転される列車はないものの、名張駅発着列車については、名張駅到着後に青山町駅発着の普通として継続運転する列車が数本設定されている(後述の区間準急、普通列車も同様)。大阪上本町駅 - 名張駅間の標準所要時間は1時間40分前後で、同一区間を運転する急行(概ね1時間10分前後)とは約30分弱の時間差があり、奈良線や名古屋線の準急と比較して急行との所要時間や停車駅数での格差が大きくなっている。, 2012年3月20日のダイヤ変更からは朝・夕ラッシュ時中心の運行になった。それまで昼間時間帯にも準急が運行されていたが、このダイヤ変更で大多数が区間準急に置き換えられたほか、土休日の夕方にも区間準急と交互で運行している。ただし2018年のダイヤ変更で10時台にも大阪上本町駅 - 五位堂駅間の列車を中心に一部運行するダイヤが組まれている。編成両数は大阪上本町駅 - 高安駅間では朝ラッシュ時は最大10両編成、夕ラッシュ時は最大8両編成で運行されており、高安駅以東では6両編成を基本として一部に4両編成の運転があるため、高安駅にて車両増結・切り離しを行なっていたが、2020年のダイヤ変更で朝ラッシュ時の8両以上の準急および区間準急は全て高安行き準急となった。, 他種別との連絡については高安駅・河内国分駅で普通列車と、五位堂駅・大和八木駅・桜井駅・榛原駅または名張駅で快速急行(桜井駅は準急から快速急行への接続のみ)と、河内国分駅・五位堂駅・大和八木駅で急行と、大和八木駅・名張駅で乙特急と相互接続する。, 2012年3月20日のダイヤ変更より昼間の時間帯の準急と高安駅 - 河内国分駅・榛原駅間の普通を置き換える形で新設された種別で、近鉄では2006年3月21日のダイヤ変更で新設された奈良線に続くものである。河内国分駅以西では準急の停車駅に加え、準急が通過する恩智駅・法善寺駅・堅下駅・安堂駅に停車し(すなわち近鉄八尾駅以東の各駅に停車)[4]、昼間の大半の普通が高安駅発着に短縮されるとともに、大阪府下の中では利用客数の少ない恩智駅・法善寺駅・堅下駅・安堂駅の停車本数を維持しつつこの区間の実効運転本数を削減するなどの合理化を図っている。昼間時は大阪上本町駅 - 大和朝倉駅・榛原駅・五位堂駅間の運転が基本である。ラッシュ時の前後には一部が大和八木駅・名張駅発着で運転されており、河内国分駅を始発駅とする列車も設定されている。終電間際には大和八木行き区間準急も設定されている。, 他種別との連絡については、大多数の列車が高安駅で普通と、下りは河内国分駅、上りは五位堂駅、大和八木駅で乙特急と接続する。編成両数は一部が6両編成のほかは4両編成が基本であるが、大阪上本町駅 - 高安駅間では快速急行や準急の折り返しが区間準急となる場合は8・10両編成もあり、この場合は高安駅にて車両切り離しを行なっていたが、前節で記したように2020年のダイヤ変更で8両以上の区間準急はすべて高安行き準急となり、切り離しはなくなった。, 快速急行に対して急行がそうであるように、この種別もダイヤ変更毎に運転時間帯が増加しており、2012年の設定当時は日中時間帯のみの設定であったが、準急が高安駅以東では6両編成以下でしか運転できないことと、8両・10両編成での運転が大阪上本町駅 - 高安駅間のみであることもあり、2013年3月17日変更で早朝の一部上り列車が区間準急に変更され、2016年3月19日のダイヤ変更でラッシュ時の準急を置き換える形で朝ラッシュ時の一部と20時台以降にも運転されるようになった。2018年3月16日まで土休日の昼間時の運転は平日と同様に大阪上本町駅 - 榛原駅間の運転が基本であったが、2018年3月17日のダイヤ変更から大阪上本町駅 - 五位堂駅・大和朝倉駅・榛原駅間での運転が基本となった。, 英文表記は Suburban Semi-Express[注釈 4](方向幕などの表記は「 SUB.SEMI-EXP 」)である。, 各駅に停車する列車で、全線を通しで運転する列車はなく、系統上では名張駅を境に分割されている。, 大阪側では大阪上本町駅 - 高安駅・五位堂駅始発・大和朝倉駅間の運転が基本で、ラッシュ時に河内国分駅・大和朝倉駅発着が、ラッシュ時の前後時間帯や早朝・夜間の一部に大和八木駅・名張駅発着および榛原行きが設定されており、本数は少ないものの早朝に五位堂駅 - 大和八木駅間、深夜に高安駅 - 名張駅間や大和朝倉駅・大和八木駅 - 五位堂駅間にて前記の発着駅で区間運転が実施される列車や、五位堂駅・大和八木駅・名張駅で種別または行先変更を行って継続運転される列車もある。朝夕ラッシュ時は大阪市内方面から長瀬駅を最寄りとする近畿大学方面への通学需要があるため、優等列車とは逆方向に向かう列車に激しい混雑が発生するため、朝ラッシュ時は下り列車、夕ラッシュ時は上り列車の方がそれぞれ運転本数が多く設定されている。, 昼間時の大阪上本町駅発着は平日・土休日とも1時間に5本の運転で、内訳は高安駅折り返しが4本、残りの1本は大和朝倉駅折り返しである。運転間隔は約6分 - 16分とバラつきがあるが、これは2003年3月5日以前は1時間あたり上本町駅 - 高安駅間が6本、高安駅 - 河内国分駅間4本であったものが、減便の影響で運転間隔が大きく開く時間帯が生じることとなったためである。また、高安駅 - 五位堂駅の途中駅には2012年3月のダイヤ変更以降も従来同様1時間に4本(普通4本を区間準急3本・普通1本に変更)が停車するが、ほぼ20分おきに等間隔で運転される区間準急の間に普通を毎時1本挿入する形で運行しているため大阪上本町駅 - 高安駅間同様に運転間隔は一定しておらず、下りの場合で約8 - 23分(上りは約12 - 20分で下りよりもばらつきが小さい)となっている。, 三重県内では名張駅・東青山駅 - 伊勢中川駅間での運転が基本で、昼間時は名張駅発着と東青山駅発着が1時間に1本ずつ、朝夕は名張駅と青山町駅・東青山駅発着列車が約30 - 40分間隔で運転されている。原則として他線区との直通運転は行われないが、上り早朝の1本のみ入出庫の関係で名張行きが山田線明星駅発で運転される。名張駅・青山町駅・東青山駅 - 伊勢中川駅間の大半の列車が伊勢中川駅にて名古屋線列車との接続が考慮されており、名張駅では名張駅発着(一部は前後に走る青山町駅発着)の急行に接続している。2012年3月20日のダイヤ変更で快速急行が青山町駅 - 榊原温泉口駅間でも通過運転を行うために同列車が運転される時間帯を中心に東青山駅折り返し列車の一部が青山町駅まで延長された[4]。このほか、明星駅発着列車とほぼ同様の理由で名張駅 - 青山町駅間の区間運転のものも設定されており、これは名張駅で快速急行や準急などに種別変更もしくは行先変更して継続運転することが多い。, 編成両数は大阪上本町駅発着列車では6両編成を基本に一部時間帯は4両編成で運転されている。なお、伊勢中川駅発着の列車は大三駅・伊勢石橋駅・川合高岡駅のホーム長が2両分しかないため全列車が2両編成で運転されている。また、名張駅 - 青山町駅間の普通は2両 - 6両編成の列車が混在しているが、青山町駅到着後に折り返しで快速急行となる(その逆もあり)列車は8両・10両編成もある。名張駅 - 青山町駅間の列車は日中の乙特急が停車しない桔梗が丘駅の速達性確保や伊賀線(現在の伊賀鉄道)の西名張駅 - 伊賀神戸駅間廃止の補償という側面もあったが、日中の急行の運転本数が1時間2本から3本に増便されてからは大幅に縮小されている。2両編成の列車でもワンマン運転は行っていない。, 1956年に大阪上本町駅 - 布施駅間が複々線化されるまでは、大阪線の全列車が今里駅を通過していた。1970年代までは弥刀駅発着の列車も設定されていたが、現在は高安駅発着に統合されている。2003年ダイヤ変更以前の普通列車は河内国分駅 - 名張駅間では早朝・深夜しか運転されておらず、ほとんどの時間帯で急行(榛原駅 - 名張駅間)・準急列車がその代わりを果たしていた。同年3月のダイヤ変更で日中にも榛原駅発着の列車が設定されたが、2012年3月のダイヤ変更で再び河内国分駅・高安駅発着に短縮された。2018年3月のダイヤ変更で河内国分駅発着列車が五位堂駅に延長されたほか、大和朝倉駅発着が新たに設定された。それまでの五位堂駅発着は朝のラッシュ後(下りのみ)と深夜帯の一部のみの運行だったが、2020年のダイヤ変更で下りの五位堂行きの多くは区間準急として運行されることとなり、平日に1本のみの運用となった。2004年3月に山田線伊勢中川駅 - 宮町駅間がワンマン化されるまでは名張駅・東青山駅 - 明星駅・宇治山田駅間の普通列車が少数設定されており、これらの下り列車は最初から宇治山田行きであるのに対し、上り列車は伊勢中川行きとして運転され、伊勢中川駅到着後改めて東青山または名張行きとして運転されていた。また、名張駅 - 伊勢中川駅間の普通列車は1989年に増発されたもので、1976年 - 1989年は青山町駅 - 東青山駅間にも昼間時は普通列車が運転されていなかった。, 大阪線では大学受験や行楽シーズンなどで臨時列車や定期列車の延長運転が行われたり、臨時停車を実施している。停車駅の半数以上が6両まで対応ホームの駅であるために6両編成の運転が多い。, 1982年 - 1987年に、大阪上本町駅から鳥羽駅まで臨時列車として「高速 伊勢志摩号」が運行されていたことがある。途中、鶴橋駅・大和八木駅・東青山駅(年始時期は通過)・伊勢市駅・宇治山田駅・五十鈴川駅に停車し、停車駅数は乙特急より少なく京都直通の準ノンストップ特急なみの停車駅数となっていたが、2610系などの一般車両(20100系「あおぞら」号車両を含む)を使用していたため車両性能の関係上所要時間は乙特急より10分程度遅かった。その後は停車駅は同じで、臨時「快速急行」という種別で運転されていたが、1990年代前半に消滅した。, 1946年3月15日より運転を開始。1960年頃における上本町駅 - 宇治山田駅[注釈 5]・近畿日本名古屋駅(現・近鉄名古屋駅)間急行の大阪線内は、鶴橋駅・大和八木駅・名張駅・伊賀神戸駅・佐田駅(日中の一部列車のみ、現・榊原温泉口駅)にのみ停車し、2016年現在の阪伊乙特急より少ないものであった。当時の急行は大阪から伊勢志摩方面への観光輸送や、奈良・三重両県内主要都市への都市間連絡輸送といった長距離輸送の比重も大きかった。

メルカリ キャンペーン 7月, Amen 米津玄師 歌詞, 中 日 背番号10, アイアンマン マーク50 フィギュア, 楽天ペイ メール いらない, カメラのキタムラ クーポン 期限, 簡単 なお 仕事です 阿部, Jr 障害者割引 Suica, 愛知 県 高校 駅伝 2021, Amiibo カード 高額ランキング, 国語力 小学生 ドリル, 大河の一滴 映画 あらすじ, 日本語総まとめ N3 漢字, 中学受験 低学年 ドリル, 感嘆 英語 スラング, トライアル バイト 落ちた, オリックス カーリース 審査結果 来ない, かぐや様は告らせたい 海外の反応 6話, 健康 に感謝 英語キャンピングカー シート 自作, 七 つの 大罪 憤怒の審判 延期, 三鷹駅 時刻表 バス, 日本 英語教育 小学校, 千里中央 モノレール 乗り換え, ディスガイアrpg デスコ 育成, 関ジャニ∞ ここに コード, 七 つの 大罪 神々の逆鱗 ネタバレ, モノレール 万博 公園 時刻表, ペイペイ クレジットカード ポイント, 千里中央 モノレール 乗り換え, 釧路 網走 移動,