潤翔 小説 甘々 10

ついにpart6です。皆様、いつもありがとうございます。part6でも頑張りますので、応援よろしくお願いします。現在、リクエスの募集は停止させていただいています。それでは、part6、スタートで … 作成日時:2012年11月25日 10時 可塑的(かそてき)櫻の嵐・翔潤のbl妄想小説 可塑的→思うように物の形をつくれること。 塑造できること。 こちらのブログは腐要素を含みます。苦手な方はお引取り下さい。 アイドルさまの名前を借りてbl妄想小説を綴ってます。翔潤多め。 連続テレビ小説「半分、青い。」第30回 男の子役 ・CX 明音はとても繊細な絵を描く。一つ一つの線が、色が、ピンと張った弦楽器の音みたいな絵。迷いのない線と鮮やかな色彩。その、無数に描かれた線や色が重なり合って、大きなモチーフを映し出す。計算しつくされた線と色。大学時代よりも洗練されてて大人を……生きて来た時間を感じる。「大野!来てくれたの!?」お客さんと話していた明音がおいらに気付いて寄って来る。「んふふ、もちろん。」「ありがとう。忙しいから今回は来てくれないかと思ってた。」「来るに決まってんじゃん。」明音は2、3年置きに個展を, 「おいら気難しかったの?」明音が笑って胡坐を掻いた太腿を叩く。ジーパン履いてるけど、女の子が胡坐掻くの、明音以外で見たことがない。「みんな気難しかったからね~!そんな中にいたら、そう思わなくても仕方ないけど、大野は気難しい!」最後にタンッとテーブルを叩いてニコッと笑う。「でも、そうじゃないといい作品は作れないんだと思うんだ。自分の中に揺るがないものがないと。」揺るがないもの……。「それがあるから、大野の作品は人の心に染みる。受け入れられるんだと思う。」明音がジョッ, 「き、来たっ!今週も来てくれた!!」・・・あ。来てくれた、って、、、べつに俺のために来てるわけじゃないのに・・・なんか俺、待ち侘びてる・・・毎週金曜日を。あの人があそこに立つのを。・・・なんでかな。・・・心待ちにしてる自分がいる。俺を待ってるわけじゃないのにな。・・・・・・。「・・・よしっ!」先週戻ってきた財布の中に、俺が入れたであろう写真・・・それを眺めながら、気合いを入れる。もう少し近くまで行って、あの人の顔、見てみよう。・・・この写真の人と同じ人なら、、、俺のこと, あの日、お店の外で人の声を聴いた外にワインを出していたことをすっかり忘れてたふぃ~は人の気配が消えた後中に片付けたおいらが居るから、念の為だって・・・お店の近くには家がなくてあの公園も人はいなかった話してみたいな・・・大ちゃんが待ってる救世主は人なんだっておいらのペンダントについてる指輪を作った人と同じ心を持った人なんだって「ふぃ~・・・おみせにはいかないの?」いつも出掛ける時間なのにまだお部屋でゆっくりしてる「今から行ってくるよすぐに戻, Friendshipを出たのが夕方寒くなる前に帰らないと風邪を引かせてしまう(過保護お兄ちゃんなので)「さとし君、寒くない?」「さむくないの・・・おにいちゃんはさむいの?」「寒くはないけれど・・・夕方は冷えて来るから」「おにいちゃんのおててあっちゃかいよ」小さな手が俺の手をギュッと握り締めるから心はホカホカだけれど・・・ここは抱っこした方が良いかな?そんなことを考えてると後ろから声「さとしく~ん」「ほえ?・・・」振り向く, ※妄想小説です実在する人物・地名・団体とは一切関係ありませんBL的表現を含みます。エレベーターが45階に着き扉が開くとそこはちょっとしたスペースがあってその先に外が見えた。「あれ?まだ展望スペースじゃない?」エレベーターが開いたらすぐ展望スペースだと思っていたからちょっと拍子抜けする。そこに係の人がやって来て「こちらへどうぞ〜」と声を掛けてくれた。誘導された場所はロッカールームだった。「展望スペースは風が強い為、お荷物はこちらにお預け下さい。お手元にはスマホとカメラ以外の物は, 『智~、準備はできた?お父さんは?行けるかしら?』楽しそうな母ちゃんの声が家中に響く。今日は、毎年恒例、夏の旅行の日。いつもは、家族で、泊りで、・・・だけど、今年は父ちゃんと母ちゃんの希望で、都心へ散歩?的な。『母ちゃん、おいらは準備OKだよぉ。父ちゃんは?』『お、あ、ああ、待たせたな。俺も出来たぞ。』見ると、奥の部屋からパタパタと出てくる父ちゃん。『うふふ、これで揃ったわね。さ、行きましょう。』玄関で準備万端の母ちゃんが、笑いながら言った。, 海岸線を音楽を流しながら走って行く隣に座るさとち君は窓に手を当てて車窓を流れていく景色を時々歓声を上げながら眺めてる「おにいちゃん・・・うみがきらきらちてる!ダンスちてるみちゃい」今日の海は穏やかだ零れ落ちた光が波間を漂ってる確かに踊っているように見えたりする「楽しそう?」「うん、たのちそうだよ」声が弾んでる車に乗ったらすぐに眠てしまうと思っていたら見当違いだった景色を眺め歌を謳い時々踊ってるその姿を見てるだけで俺は幸せ「おにい, この聲・・・翔くん?おいらの大好きな甘く優しい、低い聲。おいらの大好きな、爽やかで、甘酸っぱいフルーツみたいな香りが鼻をくすぐる。絶対、翔くん!!『うーん・・・耳元で話すの、やめてくれてくれたら、行ってもいいぞ!』キュッてされた手を握り返して、くるっと聲の方を向くと、笑顔の翔くんがおいらを見つめてた。ん???あれ、翔くん、笑ってるのに、なんか・・・全部で笑ってない感じがする。目が・・・笑ってない?怒ってるのかなぁ。『智くん、全部見た, ※妄想小説です実在する人物・地名・団体とは一切関係ありませんBL的表現を含みます。熱々のオーブンからケーキを取り出して、用意しておいた金網の上に型から抜いたスポンジを乗せる。部屋中に漂う甘い香り。「わっ!すっげー良い匂い〜!」その香りに釣られるように翔くんがキッチンに顔を出す。「んふふ。良い匂いだよね〜。ちゃんと中まで焼けてるかなぁ?」こんがり狐色に染まったスポンジにスッと竹串を刺してみる。うん!生地がくっついてこない!ひとまず成功って感じ?よしっ!と頷く僕を見て翔, 初めて紅玉の2階に泊まった日の翌朝ふぃ~お手製のお花の蜜ジュースと花のパンを食べてる時お店の方から大きな音が聴こえた「ふぃ~・・・おきゃくしゃん?」「ここに来る客などいない放っておきなさい」顏を顰めたまま珈琲を口に運びおいらから視線を外した「このまえきちゃひとかも?」大ちゃんが言ってた救世主だと思うそんな奴は知らないって顔で立ち上がって片付けを始める「おいらみちぇくる!」だって絶対そうなだもんふぃ~を救う戦士の一人おいら、黙って, 大野くんが見えなくなったら、徐々に頭痛も治まってきて。家に向かって歩きながら考えた。もう、来ないのかな・・・大野くん。目的は果たされたから来ない?俺に会うため・・・だったんでしょ?俺と会えたから、もう来る必要ないもんね?だけど、、、他にも理由があったんだよね?また来てくれないかな。金曜日の18時、あの場所に。もう一度会って、ゆっくりじっくり話がしたいんだ。そしたら、、、何か思い出せる気がする。思い出したいんだ。俺のことも、、、大野くんのことも。モヤモヤが晴れそうなんだ, ※妄想小説です実在する人物・地名・団体とは一切関係ありませんBL的表現を含みます。テイクアウト仕様のカクテルを飲みながら、東京の景色を眺めていると、屋上の一角に行列がある事に気がついた。角、ギリギリに立ち写真を撮っているからその順番待ちなのかな?「翔くん、凄い行列が出来てるよ」「あ〜。あの場所ね。確か…智も好きな山嵐がMVの撮影をした場所なんだよね?」山嵐!?あああっ!!言われてみればそうだよ〜!どこかの屋上で撮った映像があったもん。あの三角になってる場所はあそこだ, 妄想なので、ご注意を。今回のライブツアーも、大成功だった。月曜夜のニュース番組でも、スタッフが話題にしてくれて、本当にありがたい。生放送が終わり、反省会も終えて楽屋に戻って、スマホをチェックする。《お疲れさま》《今日もイケメンだった》《うどーさん、優しいね》相変わらず、ニュースの内容には触れていない。〈ありがとう〉〈旅行、楽しみだね何がしたい?〉《10時間睡眠》え?《うそ》〈お寿司とお酒だね〉たしか、地元の寿司屋から出前が取れるはず。12時からチェックイン出来ると, お店のテラスに腰掛け海を眺めながらの朝食目の前には寝ぼけ眼のイケメンが髪の毛ボサボサにして大あくびをする「そんな眠い?」「ふあ~・・・」欠伸をしながら何度も頷く「じゃあ、寝直してこいって」「朝ごはん食べたら寝る」「ふふ・・・腹だけは減るんだな(笑)」「貴方だって眠いでしょ?」一緒に居たんだから・・・って含みのある言葉と笑み「俺は途中で寝たから眠くない!お前が何時まで経っても寝なかったんだろ」甘い時間ってのはそう, 智くんのあのスキャンダルは認めたくないと良い歳して未だに勝手な事言ってます良いんだよ智くんが幸せならね嫌だけど《智くんは翔ちゃんと》と思いたいからさでも独立・・・会社設立・・・前の雑誌の住宅管理とか島云々は無いなあぁ〜〜・・って思ってたけど今回の○○大衆なるものが言うプロダクション的な会社ならなんか腑に落ちたっていうか智くんならタレント第一の会社作りたそう・・・じゃ無い❓無理せず楽しく仕事出来る会社理想だけど理想って事はみんなが望んでる・, 事故があった翌日も、病院に問い合わせてみたけど、やっぱり翔くんはいなくて・・・捜すあてもないオレは、ただ待つことしかできなかった。───金曜日の18時。いつもの場所で。たったこれだけの約束でしか、翔くんと繋がってなくて・・・生きてるなら、きっと会いに来てくれるはず。生きてるなら、金曜日の18時、翔くんは来てくれる。そう信じるしか、、、なかった。『・・・行ってくんね。』「にぃ、、、今週も行くの?もう5回目?1ヶ月過ぎたんだよ?」『・・・うん。』「そろそろ退院しててもいい, ※これは妄想腐小説ですBL要素が含まれます~間違われた方、苦手な方はお戻り下さい~*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*“楽しんで行ってきま~す♪”…そんなサトシからの行き先の書いていない短い書き置きを朝起きて見てから、半日。やっと帰ってきたと思ったらえらくご機嫌で戻った2人。…何をしていたかは、2人が同じ匂いをして帰ってきたから直ぐに分かったが、まさか一日中そこにいた訳じゃないよな?それに、何だこの気は……, blです山コンビ中心の妄想願望の話しですご理解のある方のみお読みください智くんの記事に関してのお話ですまだ目にしたくないという方はここでお引き返しください「はあぁーーーーーーーーーーーー」「何⁉️どうした⁉️どうした⁉️」「・・・・これ・・・」智くんの指した先にあったのは相変わらず無意味な記事満載の雑誌だった「えっ⁉️何で⁉️あなた買ったの⁉️」「んな訳ねえらろっ❗️マネが持ってて要らねえっつうたんらけろ《これ凄く笑えますよ》っつうから貰ったんら, 明音の個展は盛況で、次々人がやってくる。続けてきたかいがあったね。こうやって地道にコツコツって大事だよなぁ。初日だから忙しいんじゃないのかな?一緒にご飯なんて、ほんとに行ける?作品も、小さなものから大きなものまで幅広い。新作は1/3くらい。大学の頃に比べたら、透明感が増してる。色を重ねれば重ねるだけ透明感が出るってすごいよね。キラキラ光ってすら見える。見ている人の顔まで光って見えるんだから、明音すごい!いつまででも見ていられるけど、ずっとここに居るわけにもいかない。個展は, 妄想なので、ご注意を。やっとツアーが終わった。無事に終わったし、ファンも喜んでくれたし、スタッフにも事故が無かった。他のアーティストのライブで事故があったりすると、心配になってくるんだよね。今日は洗濯をして、明日からの準備だ。車での往復も調べたし、宿は一流の宿で、あえて名乗ってる。絶対秘密にして欲しい、秘密にしてくれるなら、テレビ局にロケの推薦をしてあげると言ってある。まあ、メンバーの男ふたりで泊まってたって、バレても大丈夫だけどね。智は、仕事以外で人に注目されるのを嫌がるから。, 妄想なので、ご注意を。ライブツアーが全て終了した。今回も、始まるまではどうなるかと思ってたけど、ファンも喜んでくれたし、大きなトラブルも無かった。次を考えるまで、少し余裕があるし、智との旅行に集中していいかな。智は、何がしたいかな?山と言っても、キャンプじゃないから、俺が色々と準備しておきたいな。行きは、車の中から景色を楽しんで、お昼はどこかに寄りたいけど、見つかって騒ぎになるのは避けたい。途中の寂れた蕎麦屋とかが、以外と穴場かも知れない。もしもバレたら、テレビの企画だから、話が, かなり長い間放置していましたが、少しずつ進めていきます。第一話はこちら『TWOTOTANGO―1遠い記憶S』幼い頃から、夏になるとここ、軽井沢の祖父の別荘にひと月ばかり滞在していた。二人の従弟と一緒に・・そして、そこで毎年一緒に遊んだ彼・・屋敷の裏に広がる木…ameblo.jpもしかしたら・・いや、確実に俺はやってしまった。沙都子にとって触れられたくないことをはっきりと口にだして, ※これは妄想腐小説ですBL要素が含まれます~間違われた方、苦手な方はお戻り下さい~*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*…パートナーに…なる?『そしたらショーがねぇ~?キャハハハ(๑˃̵ᴗ˂̵)و♪』≪……≫……この力…だからか。サトシの今の力は強い。これなら____『カズ…(º⌓º)?』≪…もう、王達2人を超えてるからか。≫『ん…?』≪その力があれば___≫『うん♪もぉパパ達に邪魔されない, 雅紀が満面の笑み浮かべて両手を大きく広げた貴方に抱っこされてたさとち君がふんわりと浮かんで何故かお兄ちゃんの所に恥ずかしくなっちゃたのかな?「相葉ちゃんの事忘れちゃった?」「ううん、わすれちぇないの・・・」「いきなり両手広げられたら驚いちゃうよねっ」貴方がさとち君の頭を優しく撫でて気にしないでねって顔をする方や雅紀、しょんぼりした顔をして両手をゆっくりと降ろすさとち君は水筒と鞄を外してお兄ちゃんに渡しその腕からフワフワと浮かんで雅紀の側に, がるぴ〜卒業おめでと〜ママ嬉しい←がるぴの『勝手にママ』は世界中に沢山おりますwGulfKnawutJFCさんから、先日、皆んながドネーションした中から、お札の花束を贈ってくれました. #潤翔に関するブログ新着記事です。|翔くん総受け小説☆モノクロ 22.|翔くん総受け小説☆モノクロ 21.|翔くん総受け小説☆モノクロ⑳|red aster・118|【チビ翔×潤くん40】…しぇけってみた このお話、翔くん総受けのかなりぶっ飛んだ設定です。苦手な方は悪いことは言わないので、ぜひスルーしてください。大丈夫な方のみ、心してスクロールしてくださいねm(__)mもちろんですが、これは素人が自己満足のために書く妄想小説であり、実際のものとは一切関係ございません(゚ε゚;)初めましての方はこちらへ。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーSideJ俺の舌が歓喜に沸いた。こんなに体に染み渡るような、心地いい甘さの血を、俺は今まで口にしたことがない。今まで味わってきた血の記憶が一気, このお話、翔くん総受けのかなりぶっ飛んだ設定です。苦手な方は悪いことは言わないので、ぜひスルーしてください。大丈夫な方のみ、心してスクロールしてくださいねm(__)mもちろんですが、これは素人が自己満足のために書く妄想小説であり、実際のものとは一切関係ございません(゚ε゚;)初めましての方はこちらへ。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーSideJちょっといい匂い、なんてものじゃない。これが……雅紀の言ってた強烈な香り。頭がクラクラして、一瞬意識を失いそうになる。これが翔くん, このお話、翔くん総受けのかなりぶっ飛んだ設定です。苦手な方は悪いことは言わないので、ぜひスルーしてください。大丈夫な方のみ、心してスクロールしてくださいねm(__)mもちろんですが、これは素人が自己満足のために書く妄想小説であり、実際のものとは一切関係ございません(゚ε゚;)初めましての方はこちらへ。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーSideJ古びた教会にたちまち炎が回った。木造のぼろい建物は、燃えやすい要素が一杯で、火の回りが早い。「…………っ」「…………」建物を焼き付, このお話、翔くん総受けのかなりぶっ飛んだ設定です。苦手な方は悪いことは言わないので、ぜひスルーしてください。大丈夫な方のみ、心してスクロールしてくださいねm(__)mもちろんですが、これは素人が自己満足のために書く妄想小説であり、実際のものとは一切関係ございません(゚ε゚;)初めましての方はこちらへ。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーSideJ俺たち4人がなぜ、全ての吸血鬼にも恐れられるかって言ったら……単純に言って、力が強いから。それに加えて四代元素を操り、突出したそれ, 「バレたくないんでしょ?早く早く!!」車から降りて、ニノに急かされつつ車を降り建物の中に入った。俺がここから入ったとして、作者ってわかるだろうか?って、裏口だから関係者なのは間違い無いし、確かにリスクはあるかもしれない。作家同士の付き合いもあるし、俺自身の身元が全くバレてないわけじゃ無い。公式に写真等を載せたく無い。マスコミは芸能人や有名人はもちろん作家だって公人になった途端、書き立てることがあると聞いた。翔君に迷惑をかけたく無い。ただそれだけなのだ。関係者専用の駐車場だし、平, このお話、翔くん総受けのかなりぶっ飛んだ設定です。苦手な方は悪いことは言わないので、ぜひスルーしてください。大丈夫な方のみ、心してスクロールしてくださいねm(__)mもちろんですが、これは素人が自己満足のために書く妄想小説であり、実際のものとは一切関係ございません(゚ε゚;)初めましての方はこちらへ。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーSideJ時折大きな瞳をパチパチとさせるけど。翔くんは確かに俺の目を見ている。まるで闇夜に怪しげに輝くアメジストみたいに、黒々とした彼の目に映る, 妄想小説です。ご注意ください。BLの意味が分からない方はブラウザバックでお願いします。(潤サイド)相葉さんに伝えたいことがあって。例えば、1分だけでも良いから2人きりになる時間を貰えたら、彼を説得することも可能だっただろう。泣き喚いて暴れる相葉さんとアイコンタクトで会話しようと試みたけれど、すっかり理性を失っている彼とのそれは土台無理な話だ。背後から翔さんがロックしているから、悟られないように会話することもできない。翔さんの思考は読めた。つまんないこと考えた, このお話、翔くん総受けのかなりぶっ飛んだ設定です。苦手な方は悪いことは言わないので、ぜひスルーしてください。大丈夫な方のみ、心してスクロールしてくださいねm(__)mもちろんですが、これは素人が自己満足のために書く妄想小説であり、実際のものとは一切関係ございません(゚ε゚;)初めましての方はこちらへ。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーSideJそう。普通なら問答無用で灰にする俺だけど。一定の距離を保ったまま、彼を見た。彼はこちらを睨み付けている。月明かりに光る黒曜石の, このお話、翔くん総受けのかなりぶっ飛んだ設定です。苦手な方は悪いことは言わないので、ぜひスルーしてください。大丈夫な方のみ、心してスクロールしてくださいねm(__)mもちろんですが、これは素人が自己満足のために書く妄想小説であり、実際のものとは一切関係ございません(゚ε゚;)初めましての方はこちらへ。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーSideJキィキィと歩く度に、床がきしむ。息を潜めて出来る限り忍び足で……俺はベッドの側にやって来た。「…………」これが……いい香りがする, このお話、翔くん総受けのかなりぶっ飛んだ設定です。苦手な方は悪いことは言わないので、ぜひスルーしてください。大丈夫な方のみ、心してスクロールしてくださいねm(__)mもちろんですが、これは素人が自己満足のために書く妄想小説であり、実際のものとは一切関係ございません(゚ε゚;)初めましての方はこちらへ。前の話はこちら。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーSideJ夜は他の吸血鬼も活発に動く。空から見ていると、人間の住む村を取り囲んでいる格下どもが目につく。今日も血欲しさに、, 今日、ここに来たのは偶然近くを通ったからだ。懇意にしてる陶芸家さんに会いに行った帰りに、なんとなく思いついた。車を運転してるニノに「ちょっと寄ってみようよ」と横から声をかけると、「…気になります?レプリカでも」との返事。レプリカでもREDASTERから生み出されたものに間違いはない。そしてレプリカはこれしか存在しないのだから、もちろん大切だ。だけど行こうと言った理由はそれだけじゃなく、彼からが今日あたり来るんじゃないかって予感がふとしたんだ。「寄ったら遅くなるかもしれませんよ?翔さ, チビくんにしぇけってもらいましたなぁーーんか最近ダンナから“嵐、年末◯◯なんだって?”とか職場の人から“大野くん◯◯なんだって?”って言われるけどさ公式発表のない噂話は聞きませんからーーー!!イチ早い情報より確かな情報しか要らんのよねっふんっっっ(`・ω・´)しかもオタじゃない人とオタ話が通じると思えんよね…ところで。voyageって字幕付きで見られるのね‼️ついこの前知ったさ嬉しいーーー❤️字幕ってホントありがたーーーい❤️もちろん国立ライブも, 翔潤区分ですが、潤翔です(>_<)今後、BL的表現かなりあり。これは素人が自己満足のために書く妄想小説です!!実際のものとは一切関係がありません汗。大丈夫な方のみ、前へお進みくださいm(__)m初めましての方はこちらへ。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー次に目を開けた時、部屋は薄暗かった。「…………」心なしか重たい腕を動かす気にもなれず、俺は何とか頭を巡らせて、窓際のテーブルに置いてあるデジタル時計を見て、思わずため息をつく。「……はぁー……」時計は、18:20と表示さ, 翔潤区分ですが、潤翔です(>_<)今後、BL的表現かなりあり。これは素人が自己満足のために書く妄想小説です!!実際のものとは一切関係がありません汗。大丈夫な方のみ、前へお進みくださいm(__)m初めましての方はこちらへ。前の話はこちら。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー「本当は……見ててあげたいんだけど、ごめんね❓翔くん……」智くんがそう言いながら、慌ただしく出掛ける準備をしている様子を、俺は布団にくるまりながら見ていた。ダンスフェスは明日。今日は本番を見据えた通しのリハ, あれは、もしかしたら、彼ではないだろうか?ベンチに座ってる丸い背中は翔くんにそっくりで、しばらく見惚れてしまった.今回の個展もありがたい事にい大成功だ。全国を何箇所か回った後、途中経過を観察にやってきた関東郊外の会場は周りに何もなくとても物静かな場所。だけどそれでも連日大盛況だと聞いた。「だって個展自体がかなり久々ですもんね」「だからよかったじゃん」「まあ、マネージメントしてる身としては嬉しいですが、今回の個展を機にその濃い顔を出してもらえるともっと…」「それはダメ。何度も言って, 翔潤区分ですが、潤翔です(>_<)今後、BL的表現かなりあり。これは素人が自己満足のために書く妄想小説です!!実際のものとは一切関係がありません汗。大丈夫な方のみ、前へお進みくださいm(__)m初めましての方はこちらへ。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーータクシーを降りた翔は、しばらく面食らってた。俺だってずいぶん久しぶり……正直友人たちとの卒業旅行か何か以来来ていない気がする。キラキラしたネオンが眩しく、ずっと音楽が流れ続ける賑やかな場所。俺がこんなところに来たいなんて……, 翔潤区分ですが、潤翔です(>_<)今後、BL的表現かなりあり。これは素人が自己満足のために書く妄想小説です!!実際のものとは一切関係がありません汗。大丈夫な方のみ、前へお進みくださいm(__)m初めましての方はこちらへ。前の話はこちら。こっちも進めねば……ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー朝から翔の極上の体に酔いしれて、溺れ尽くした半日。シャワーを含めた身支度込みの休憩を挟んで、出かける支度をしていた俺は、まずどうやってそこに行こうかと考えた。翔はまだ休暇中だから、運転を, いよいよ、来週から開催になった。一つだけ心残りがあるとすれば、2人をモデルにした作品だ。結局、個展には間に合わなかった。と、言うより途中からから早々に諦めたのだけど。迷って迷って夜通し篭ってた時。ここ数年は規則正しい生活をしてたのに、ここ最近の連日の徹夜を心配した翔君がアトリエに覗きに来たんだ。「…それ抜きでも良いんじゃない?もしくは出来次第追加って形でも」「でも…なんて言うか、個展て目玉的なものが必要でしょ?これにしようと思ってたんだけど」「…あれは?出さないの?」「あれって, 翔潤区分ですが、潤翔です(>_<)今後、BL的表現かなりあり。これは素人が自己満足のために書く妄想小説です!!実際のものとは一切関係がありません汗。大丈夫な方のみ、前へお進みくださいm(__)m初めましての方へはこちら。前の話はこちら。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー俺は……とことんダンスの神様とやらに嫌われているのかもしれない。「翔くん❓……大丈夫❓」一度ベッドから出ていった智くんが心配そうに布団にくるまったままの俺の顔を覗きこむ。「…………」俺は何も言えなくて、黙, それからは、一気に動き出した。マネージメントをしているニノが即行動したことも要因のひとつではあるが、翔君も動き出すのが早かったのだ。嬉しい事に彼は元々俺の作品のことを色々と考えていたようで、アイデアを溜めていたのだと言ってくれた。「俺は潤の作品がいつでも直に見れるだろ?完成も工程も。その度に感じたことやこうしたらいいんじゃないかって事、データに書き込んでたんだ」「そうなんだ…ありがとう」「いや、お礼を言われるほどでは…ただ思うのは俺でいいのかなーって。他にもたくさんいるんだよ。なのに俺, 「あいつはね、なんて言うか…ある意味おまえなんだよ」「…どう言う意味?」俺たちの世界と月の世界は表裏一体。空の上の月は俺の化身だとしたら、蒼い月はお前だよ。…翔君の言うことは分かるようで、時にわからない。いつも理路整然と話を組みたける人なのに、月に関しては曖昧な表現をすることが多い。俺に説明してると言うより、自分に言い聞かせてるような。俺を見てるんだけど、俺の後ろの何かに語りかけてるような。そんな感じ。だけど。月を見上げる彼の眼差しは、優しくて綺麗で。だからもう、蒼い月がど, そっかーこんにちは今日は天気がいいですね広い画像です綺麗ですよね翔さん、最初からラーメンに高菜を入れてなかったのね福岡のラーメンは、まずはそのまま→辛いの足して→高菜入れて→紅生姜の順ですってMステ本番前で言ってたそうですよアメトークの華丸さんのトークを受けて、話したようですこの話は福岡のライブの事で、私もこのコンサートに入ってたんですけどMCでしっかり言ってました嘘だったのか(笑)誰も傷つかない嘘だからいいよね(・∀・)でも辛子高菜美味しいよね私、高菜大好きです買, あの時の僕はどんな未来を想像してたかな?とにかく君が好きで、そのことばかり考えて頃。僕達は二人でひとつの『月』だと信じて疑わなかったし、今でもそう思ってるだけど。君はあの時、どう感じてたのだろうか?◆「今夜は10月二度目の満月。10月31日が満月になるのは40年以上ぶりらしいよ」「へぇ、そうなんだ?そういや、前回の満月は綺麗だったなあ。まさしく中秋の満月って感じでさ」今夜、久々翔君の自宅に遊びに来ていた。忙しい最中、やっと取れた時間にほっとして休んでる時に今夜が満月だと気がついた, こんにちは今日は仕事ですが、新上司はお休みなので、私を含めみんな久々のびのびと仕事してますこんなに違うものなのねところこれブロ友さんに教えてもらって知ったんですこれ買いました?私はツーパターン購入しました実はこのプロジェクトの商品になかなか巡りあえなくて、この手のものは一切持ってないんですカードで手元に持てるし残るしキャッシュレスで、チャージもできるし使い勝手がいいかなあと実用的なのが決め手ですお買い求めを考えの方、お早めにねhttps://www.jcb.jp/spec, こんばんはMステが20時からと思ってました21時でしたねとにかく楽しそうとってもいい曲ですマリーゴールド鬼リピの話で潤君に応援される翔さん20?…よくわかんないけど、話し方から中学生位かなあ?女の子グループの中に席の関係で混ざって映ってしまったように見えた潤君アクリル板越しに潤君に何か言ってる翔さん恥ずかしいのか顔を手で覆う潤君アクリル板越しにいちゃついてたねほんと楽しい時間でした嵐は来週もMステに登場するんですよね嬉しいなあenjoyの更新でthisis嵐の発売が, 彼らの夢を見るんだ。それも、何度も。彼らが俺の作品を見に来て。そして何かひとつでも、ほんの少しでも胸に打たれるようなものに出会えば、彼らの中で何かの意識が変わるのではないか?少しギクシャクした関係性が、円滑になるのではないだろうか?恋愛は異性同士でももちろんだが、同性同士の場合はそれ以上に悩みや衝動が多いもの。世間では少しは寛容になってるが、まだまだ差別意識のある人の方が多いからだ。きっと彼らも何かで悩んでるんじゃない?そんな彼らの潤滑剤に少しでもなれたら、こんな嬉しいことはない, 今の彼の心は冬の国にあるお城のよう。硬く冷たい氷という壁に覆われて、そこにたどり着かない。中の部屋はきっと暖かいのに、俺は未だに入れてはもらえない。きっと大学時代の彼は常夏の島!までは行かないが、今よりもかなり温暖な気候の場所だったに違いない。前に戻すにはどうしたらいいのだろうか?「ちょっと!俺の話聞いてる?現実逃避してる場合じゃないよ」「聞いてるって。翔君の大学時代の先輩?そんなのごまんといるだろ?」「大野智、って知ってます?」「知らない…いや、聞いたことあるかも」「彼、俺の, どうも〜弓月です|・ω・`)コッショリ妄想が溢れ出た結果の翔さん受け詰め嵐イラスト×❤️色付けまで完了したので載せますよ〜⁽⁽꜂(꜀(⑉ˎДˏ⑉)꜆₎₎'`ァ'`ァガッツリBL注意ですので苦手な人は回れ右してネ★翔さん受け詰め嵐イラストです↓ニノ翔❤️&相櫻❤️潤翔❤️&山夫婦❤️似てるかどうかはともかくとして翔さん受けのエロ詰め合わせを描けて弓月的には大変満足ˉ̡̠̭̭"(⑉¯།།¯⑉)ˉ̡̠̭̭"次はオリ, じゃあ具体的にどうしたらいいのか?…実はこれがさっぱり考えつかない。手っ取り早いのは、愛と誠意を伝えることとは思うけど、何せ相手は意固地になってる翔君。なかなか上手くはいかないんだ。元々、意地を張り出したらきかない人だったが、俺に対して殻をかぶってる今、それを破るのはかなり困難と思われた。何度も試してはみたんだよ。どう愛を囁いても『あーハイハイ』と流されるし、誠意と言っても浮気はしないくらいしかない。しないと決めてるが、これが伝わるのは時間がかなりかかるとは思う。どうしよう?, このままでいいんだろうか?だって二人とも本音を言い合わない。彼はいつまで経ってもぎこちないまま。そんな関係が長くつづとは思えなかった。前はこれでいいと思っていた。手に入ればそれでいいのだと。あとはなんとかなるだろう。だけど。一旦すれ違うと、とことん会えない。天邪鬼な翔くんは、本当のスケジュールを教えてくれないし、俺に合わせることもほばない。部屋の合鍵を渡してるのは俺だけで、彼は渡してはくれない。大学時代の彼はあんなに素直で、合鍵だってなんの警戒もせずにくれたのに。昔の翔君.

ユーチューブ 受信 トレイ 削除 方法 アンドロイド 25, Canva アカウント削除 できない 22, 1分間 300文字 タイピング 6, リカちゃん 髪の毛 アレンジ 5, プジョー 3008 バッテリー交換 手順 9, 白鵬 子供 学校 7, 福田雄一 制作 会社 18, ガーミン 235j 45 比較 5, アクア ライト オート やり方 4, 日比谷高校 推薦 オール5 6, Dxf データ フリー 17, Regedit Usb Write Protect 4, 日産 ノート セキュリティインジケーター 点滅 8, Majority Minority 意味 5, 自己pr 責任感 製造 7, プロスピ グラフィック設定 おすすめ 10, Adobe Premiere サムネイル 9, Mh マジック 種明かし 7, Inshot フォント 無料 15, 連絡帳 書き方 お迎え 10, 出光 Cm 女優 4, 育休 保育園 申請 6, 片麻痺 看護計画 短期目標 19, 3個のサイコロを 同時に 投げるとき目の和が7 15, マスク なんj コロナ 5, Rails カラム名 規則 6,