access vba sql = select 結果 表示 22

BYより先に実行するのは当然です。まず、何を対象にするのか選別してから、対象のレコードをグループ化するというわけです。集計した後で個々のレコードの条件を考えて条件に合致しないレコードを省くなどという処理は考えられないでしょう。, 一方集計関数はGROUP BYで指定された集計条件に応じて作用します。ですから、WHERE句の中で集計関数を使用することは意味的な矛盾があるのです。, GROUP BYの後で必要なレコードをしぼりこむためにHAVINGというキーワードが用意されており、これを利用します。次のようになります。, 最後に集計関数を伴わないGROUP BYについて考えてみます。GROUP BYなしで実行結果を考えてみましょう。, この結果を見ればわかるように、「名前」の数を数えても、「1」の数を数えても個数は同じなのです。それでCOUNT関数を使用する場合には、よくCOUNT(1)と記述します。この方が特定の項目とは関係なくレコードの数を取得したいという意味がはっきりしますし、項目を取得してから数を数えるより若干実行速度の向上を期待できるからです。, COUNT(1)の代わりにCOUNT(0)やCOUNT(2)としても同じです。合計を計算しているのではなく個数を数えているだけなので結果は変わりません。しかし、COUNT(2)などとすると何か特別な意味があるのかと迷ってしまうことがありそうなので、無難にCOUNT(1)としておくのが暗黙の了解になっています。, COUNT(列名)とCOUNT(1)では結果が異なる場合もあります。これは重要なので覚えておく必要があります。COUNT(列名)と記述した場合は、列の値がNULLのものは無視されるのです。, このSQL文では「1」の個数、つまりレコードの数と体長の数を並べて取得します。Animals.mdbの初期状態では実行結果は次のようになります。, みるとわかるように目ID=2のとき個数Aと個数Bの値が異なります。T_動物マスタを開いて目ID=2の動物の体長を確認してみましょう。, 目ID=2の動物はウオクイコウモリとエラブオオコウモリだけですが、ウオクイコウモリの体長がNULLになっています。これは私が各動物の体長を調べたときにウオクイコウモリの体長がどうしてもわからなかったので未登録になっているためです。, ですから、目ID=2のレコードは2件ありますが、体長が入力されているレコードは1件しかありません。これがCOUNT(1)とCOUNT(体長)の違いです。なお、このケースではCOUNT(名前)は2になります。あくまで体長がNULLなだけで名前はNULLではないからです。, このNULLのデータを無視するという仕様はCOUNT関数に限った話ではなくAVGやSUMなど他の集計関数でも同様です。ただし、他の集計関数を使用している場合にはこのことはあまり気にならないのですが、COUNTの場合は気になります。, GROUP BYや集計関数は列名や固定値を対象にできるだけではなく、式を対象に使用することもできます。, たとえば、次の例では五十音別に登録されている動物の数を取得します。「ア」からはじまる動物は何件、「イ」からはじまる動物は何件といった具合です。, 「エ」からはじまる動物は本当に3件でしょうか?次のSQL文を使って「エ」からはじまる動物の一覧を取得してください。, 結果としてエリマキトカゲ、エラブウミヘビ、エラブオオコウモリが表示されるはずです。たしかに「エ」からはじまる動物の件数は3件ですね。, また、WHERE句やORDER BY句とともにGROUP エクセルVBAでSQLのSELECT文を使ってAccess ... エクセルで計算結果にエラーを表示しないIFERROR関数の使い方 . いつもお世話になっております。access初心者です。テキストボックスに入力したフリガナから、あいまい検索させ抽出したものをコンボボックスに表示させたいのですが、うまくいきません。。(コンボボックスに何も表示されないです)過去の Set RS = New ADODB.Recordset, RS.Open SQL, CN, adOpenStatic, adLockOptimistic, RS.Close: Set RS = Nothing エクセルVBAでAccessデータベースを操作する方法についてシリーズでお伝えしています。今回はデータベース言語SQLとADODB.Recordsetオブジェクトでデータベースからデータを抽出します。 プログラムを実行させるとイミディエイトウィンドウに抽出結果が表示されます。, いかがでしょうか? GoogleAppsScript完全入門 ~GoogleApps & G Suiteの最新プログラミングガイド~, VBAやGoogle Apps Scriptのツール開発と研修をセットで依頼される企業が増えている理由. BYのような役割はありません。でも、集計する必要がないのにGROUP BYを使っているのならばDISTINCTに置き換えた方がすっきりする場合が多いです。. Private Sub コマンド0_Cli …, SQLの書き方3 INNER JOIN テーブルの結合 GROUP BY → ORDER BYの順に記述する必要があります。, 次のSQL文は食肉目(目ID=6)の生息地別登録数を取得します。データは登録数の多い順に並びます。, 食肉目では全北区(北半球全体)が6レコードで最も多く、次いで東洋亜区(南・東南アジア)と旧熱帯区(サハラ以南のアフリカ)の3レコードが続いていることがわかります。, この他にもTOPなどと組み合わせることもできます。要するにGROUP SQLを使用してデータの集合に対する集計・分析を行う手法をGROUP BY句を中心に説明します。, ・集計関数を使用して集計を行うことができる。代表的な集計関数は合計値を求めるSUM, 平均値を求めるAVG, 個数を求めるCOUNT, INSERT INTO table1(フィールド1,フィールド2,・・・) VALUES(値 …, SQL SELECT文 選択クエリ SELECT FROMを基本とし、ここから抽出条件や並べ替えなどの構文を付け加えていくと徐々に複雑になっていきます。一歩一歩進んでいきましょう。, SQL INSERT INTO文 追加クエリ Copyright © 2015-2020 いつも隣にITのお仕事 All Rights Reserved. 前回はWHERE句の説明を行いましたので今回はテーブル同士の結合を行うSQL文の書 …, SQL UPDATE文 更新クエリ . ] では実際にプログラムを作成してみましょう。, Dim CN As ADODB.Connection BY句を使用することもできます。この場合WHERE → Excelでよく見かけるエラー表示…IFERRORという関数を使うことで綺麗に回避することができます。それとともに、関数の効率の良い便利な入力の仕方にも触れていますので合わせて … sql文ではgroup by 目idと指定していますから、目id=1の集計はこの5レコードを基に行われます。そして、sql文のselect句には目idとmax(名前)とmax(体長)が指定されています。それぞれの項目を単体で考えると取得する結果は次のようになることがすぐにわかります。 SELECTの後に抽出したいフィールド名とFROMの後にフィールドがあるテーブル名を指定します。, このSQLを実行すると全ての社員コードが抽出されます。 ta …, SQLの書き方2 WHERE 抽出条件 BY自体はレコードをグループ化する機能があるだけで必ずしも集計関数と一緒に使用する必要はありません。, たとえば、T_生息地マスタを見ると生息地IDが1~12まで登録されています。T_動物マスタに登録されている生息地IDには1~12のすべてがそろっているでしょうか?SQL文で調べてみましょう。, 次のSQL文を使用するとT_動物マスタに登録されている生息地IDを小さい順に取得できます。ですから、どのような生息地が登録されているか、またはされていないか調べるのに便利です。, しかし、実行してみればわかるのですが、1、1、1、1、…、2、2、2、2、…のように同じ値がたくさん並びます。この場合、何が登録されているかを見たいのであって、いくつ登録されているかはどうでもよいのですからGROUP SQL実行後「Debug.Print RS!社員コード & RS!名前」とすることで、イミディエイトウィンドウに社員コードと名前を表示させます。 BYを使用しているからと言って他のキーワードが使用できなくなるような制限はありません。, このSQLではうまくいきません。GROUP BY句に名前が加えられているので結局目ID単位ではなく動物ごとのデータを取得できるにすぎません。, このSQL文はぱっと見た感じではうまくいきそうに思えるかもしれませんが問題があります。実行結果を見てみてください。, この実行結果によると登録されている動物の中で目ID=1、つまり霊長目で最大のものはミドリザルで体長は150cmであるということになります。T_動物マスタを開いてこのことを確認してみてください。ミドリザルの体長はいくつでしょうか?なんと、40になっています。体長が150なのはゴリラです。, どうしてこのような間違いがおこるのでしょうか?目ID=1のレコードだけ見て考えてみましょう。, SQL文ではGROUP BY 目IDと指定していますから、目ID=1の集計はこの5レコードを基に行われます。そして、SQL文のSELECT句には目IDとMAX(名前)とMAX(体長)が指定されています。それぞれの項目を単体で考えると取得する結果は次のようになることがすぐにわかります。, 目IDは1。名前で辞書順に並べて最後になるものは「ミドリザル」。体長で最大のものは150。間違いありません。SQLはちゃんと命令されたと通りに値を取得しているのです。しかし、結果としてそれは私たちが求めたものではありません。SQL文の方が間違っているということになります。MAX(名前)ではだめなのです。, この場合「ミドリザル」ではなく「ゴリラ」を取得するのは実のところ簡単ではありません。説明は別の機会にしますが結論だけ書いておくと次のSQL文になります。, 今度は一定数以上登録されている目を抽出してみましょう。目ごとに登録数を調べて3レコード以上登録されている目とその登録数の一覧を取得してみます。, 慣れていない方は次のようなSQL文を考えてしまうかもしれませんね。このSQL文は間違いです。, このSQL文は実行することすらできません。エラーなのです。原因はWHERE句でCOUNTを使用している点にあります。WHERE句では集計関数を使用できないのです。この理由を考えてみましょう。, WHEREとGROUP BYの両方が指定されている場合、データベースエンジンはWHEREを先に解釈します。WHEREは前回も書いたように対象となるレコードを絞り込むのに使用するのですからGROUP SELECT文のプログラム例と説明です。 変数を活用するとVBAでのクエリ(SQL)実行でより自由度の高くなる以前にAccessVBAでクエリ(SQL)を実行するコードを紹介しましたが、VBAでのSQLの実行は変数を用いるとより自由度の高い複雑な処理が可能になります。今回はAcce select文はsqlの中でも最も使用頻度が高い構文です。 accessで使用するクエリがこのselect文にあたり、データベース作成講座でもこのselect文を使用したsqlを多用していま … Animals.lzh    SQLの基本であるSELECT文の基礎を説明しました。 UPDATE table set フィールド1  = NewValue[, . photo credit: puzzle via photopin (license), エクセルVBAでAccessデータベースを操作する方法についてシリーズでお伝えしています。, SQLでAccessデータベースからデータを抽出する最も簡単なプログラムについてお伝えしました。, 前回は全てのデータをまるっと全て抽出するSQL文しか紹介していませんでしたので、今回はAccessデータベースのテーブルから色々なパターンでデータを抽出するSELECTの使い方についてお伝えしたいと思います。, Accessデータベースに接続をして「データ」という名前のテーブルから抽出したデータをワークシートに張り付けるという動作をします。, どのようなデータを抽出するかというのは、14行目で指定しているSQL文で決まります。, ですから、「データ」という名前のテーブルから、「*」つまり全てのフィールドを抽出せよ、という命令になります。, SQL文を変更すれば、色々な抽出の仕方ができるようになりますので、今回はいくつかのパターンについて紹介していきたいと思います。, 例えばテーブル名「データ」から「都道府県」「推計人口」の二つのフィールドを取り出す場合は, エクセルVBAでSQLのSELECT文を使ってAccessデータベースから様々なデータ抽出の仕方をする方法についてお伝えしました。, これだけでも、かなり色々なパターンの抽出が可能になるのですが、次回は複数のテーブルを組み合わせて抽出する方法です。, ノンプログラマーがプログラミングスキルを身に着ける支援ををするコミュニティ。セミナー・もくもく会・Facebookグループのサポートで「自らで学び続ける力をつける」支援、「教え合うことで学びの価値を上げる」場の提供をしています。, 【エクセルVBA&Access連携】SQL文でデータを抽出する最も簡単なプログラム, エクセルVBAでAccessデータベースを操作する方法についてシリーズでお伝えしています。今回はデータベース言語SQLとADODB.Recordsetオブジェクトでデータベースからデータを抽出します。, 【エクセルVBAでAccess連携】SQLのJOINを使って複数のテーブルを組み合わせてデータを取り出す, エクセルVBAでAccessデータベースを操作する方法についてシリーズでお伝えしています。今回はSQL文にJOINを使うことで複数のテーブルを組み合わせてデータを取り出す方法についてお伝えします。, ProtectメソッドのPaswordオプションを使った、パスワード付のシートの保護を設定する方法と、UnprotectメソッドのPasswordオプションでパスワード付のシートの保護を解除する方法もご紹介しています。これを使えば、パスワード付シートの保護を、VBAから設定・解除することができますよ。, エクセルVBAでエラーが発生したときにそのエラーの内容をログファイルに書き出すプログラムを紹介します。On Error Gotoステートメントと、Errオブジェクト、そしてログファイルへの書き出しです。, Outlook vbaで、メールの添付ファイルをワンクリックで指定フォルダに保存する方法を複数回記事にわたってご紹介していきます。今回は、ActiveInspectionメソッドで、今開いているOutlookウインドウのInspectorオブジェクトを取得する方法をご紹介しています。, 2019/11/25に「パーフェクトExcel VBA」が発売されます。事前予約などの判断材料にしていただけるように、本記事で「パーフェクトExcel VBA」のまえがき全文を掲載させていただきますね。, エクセルを使う人たち全てがVBAの習得を目指すべきと思っていまして、今回はその理由を書かせてもらおうと思っています。習得はそれほど難しくありませんので、これを機にぜひVBAへの一歩を踏み出しましょう!, エクセルユーザーフォーム上の複数のテキストボックスを、AfterUpdateイベント内で連動させる方法をご紹介しています。テキストボックスに入力された値から、ワークシート上のリストを検索して、検索結果を別のテキストボックスに表示させるという、マスタ管理画面や、検索画面などで使える方法です。, 当ブログを「応援したい!」「役に立ったよ!」というお気持ちを、コチラからお支払いただくことができます。, マネーフォワードクラウド請求書の請求書一覧の全件をスプレッドシートに書き出すスクリプト, GASでマネーフォワードクラウド請求書の請求書一覧をスプレッドシートに書き出す方法. 前回は「SELECT ~ FROM」を説明しましたので今回はこの構文に抽出条件を追加した構文を説明 …. SELECT文はSQLの中でも最も使用頻度が高い構文です。 26.9KB, 2007年2月5日以降にAnimals.mdbをダウンロードされた方はこの作業を行う必要はありません。, ここでダウンロードできるものはデータベース講座の第2回でダウンロードできるものと同じです。, 新しいバージョンのAnimals.mdbではT_動物マスタに「生息地ID」と「体長」という2つの項目が追加されました。また、T_生息地マスタというテーブルも追加されています。T_目マスタにはデータを追加しておきました。, T_動物マスタに登録されているいくつかの動物は名前を修正しました。たとえば、旧版では「ジンベイザメ」となっていたのを「ジンベエザメ」に修正しました。, 合計や平均値に限った話ではありませんが、集計を行う場合は何を単位に集計を行うかを指定する必要があります。たとえば学校を想定すると、学年別の平均値を求めるのか、クラス別の平均値を求めるのか、他にも志望校別というのもあるかもしれませんし、志望校別で男女別というのもあるかもしれません。, SQLではこのような集計の単位をGROUP BY句で指定します。また、合計値を求めるにはSUM、平均値を求めるためにはAVGなど集計関数と呼ばれる関数を使用して集計方法を指示します。, この5つの集計関数はおそらくAccess以外にもSQL Server、Oracleなどあらゆるデータベース製品で使用可能です。この他にも各データベース製品ごとに固有の集計関数が用意されている場合がありますのでリファレンスを探してみてください。標準偏差や分散、先頭値、末尾値などを集計関数で求めることができる場合があります。最頻値(モード)や中央値(メジアン)もあるかもしれません。, なお、集計単位ごとにまとめることをグループ化と呼ぶ場合が多いのでこの言葉は覚えておいた方がよいです。たとえば、「クラスごとの平均点をも求める」ということを「平均点をクラスでグループ化する」と表現したりします。, また、集計単位のことを集計キー、集約キーと呼ぶ場合があります。「クラスを集約キーとして平均点を求める」のように表現する場合があります。, 結果は味気ないものとなっています。目マスタを見ると目ID=1は霊長目、2は翼手目、4は食虫目となっていますから、平均的な体長を見るとなんとなく納得できるものはあります。サル類は平均73cm、コウモリ類は22cm、モグラ類は25cmという感じですね。, 結果を目IDではなく目名で表示させることもできます。この手法は次回説明する予定ですが、例だけここに掲載しておきます。, AVG(体長)は体長の平均という意味ですが、列名が指定されていないので実行すると勝手にExpr1という列名が割り当てられます。勝手に列名を割り当てるのはクエリデザイナの機能であることに注意してください。このSQL文をプログラムに埋め込んだり、ほかのツールで実行するときには体長の平均は名前のない列になるか適当な名前が割り当てられます。, 明示的に列に名前を指定するには前回紹介したASを使用します。次の例では結果のデータは同じですが、体長の平均の列名が「平均体長」になります。, 目ごとではなく、生息地ごとの平均体長を調べるには次のようにします。生息地と動物の大きさには関係があるでしょうか?, 基となるデータが100件しかない上に、登録されている体長も私が打ち込んだものですのでこのデータは正確とは言えません。でも、データを充実させればこのようなさまざまな分析をSQLによって行うことができるのです。, なお、T_生息地マスタを見るとわかるのですが生息地ID=1は全北区、つまり北半球全域。2は主にヨーロッパ、3は主にアジアの北半球側を指しています。細かいデータはT_生息地マスタを直接開いて確認してください。, さて、次は目・生息地ごとの平均体長を調べてみます。今度は集計対象の列が2つになるのでGROUP BY句にも2つの列を指定します。, ところで、次のSQLを見てみてください。実行する前にどのような結果になるか想像してみてください。, このSQL文は目IDの他に動物名も実行結果に表示することを意図したものですが、実はうまく動かないでエラーになります。このSQL文では動物名の処理方法が指定されていないからです。, どういうことかというと、仮に実行できた場合の結果を考えてみましょう。次のようになるはずです。, ここでは名前欄を?にしてみました。?には何が入るでしょうか。T_動物マスタを開いて目IDが1である動物(つまり霊長目)を見つけてみましょう。Animals.mdbの初期状態ではアイアイ、ニホンザル、ミドリザル、マンドリル、ゴリラの5レコードが該当します。ところがこの5つのうちどれを名前欄に表示すべきかSQL文では指定されていないので取得するデータを特定できずにエラーになるのです。, 仮に目ID=1のレコードが1つしかなくてもエラーになります。目ID=1のデータが1つしかないというのはデータを見てはじめてわかることであって、SQL文だけ見た場合にはわからないからです。, ですから、GROUP BYを使うときにはSELECT句で指定する列は何でもよいというわけではありません。, GROUP BYを使うときにSELECT句で指定できる列はGROUP

オーバー クック 2 セール Switch 7, 吉川晃司 妻 富山 8, Melups 2133c 価格 5, 指 原 莉乃 ツイッター アーカイブ 19, あつ森 パチンコ コツ 7, ビクティニ 入手方法 裏ワザ 53, 焼き鳥 一平 社長 14, ペンタブ ペン だこ 防止 4, Cf B11 無線lan 交換 13, マサキ ハエ 駆除 14, Rosual シャンプー 販売店 6, 友情 裏切り 名言 6, Vb Net Excel 両面印刷 19, The Club ソンフンミン 27, コトブキ飛行隊 クロエ 評価 5, 日 向坂 体重 12, 飛竜頭 煮物 レシピ 4, だざい皮膚科 シミ 取り 26, 多頭飼い 仲良くなるまで 猫 4, Vba エラー番号 13 23, Unity Guid 検索 8, ジブチ 自衛隊 手当 12, ウルトラデザート 進め ない 6, Activegear スピーカー H3 説明書 14, おしゃべや くま 和田 10, 野獣先輩 名言 しかない 29,