ipad pro 文書作成 9

iPadのPagesの文書作成書類とページレイアウト書類の概要. Appleが開発している、macOS/iOS用のページレイアウトアプリです。レポートや履歴書、ポスター等の70以上のテンプレートが登録されています。 画像や動画、音声ファイル、グラフ、図形等の貼付や、Apple Pencilを利用して描いたイラストが挿入でき、文書を完成させられます。 作成した文章や文書は、指定したユーザーだけに閲覧や編集などの権限を自由に付与して共有できます。現在共同制作している人を簡単に把握できて、リアルタイムな編集内容を確認可能です。 Pages 9.7インチから 10.2インチ へと画面サイズが拡大した新型iPad。 これによってフルスクリーンでの執筆だけでなく、アウトラインを確認しながらの文章作成や、Split ViewやSlide Over機能で資料を参照したり他のアプリと連携させながら作業を進めることができます。 iPad Proの登場により、iPadとパソコンの境目がなくなり、Office文書もiPadを使って新規作成したり編集できるようになりました。そこでiPadでOffice文書を作成・編集する方法や、印刷方法、類似のアプリなどをご紹介します。, iPad Proの登場で、パソコンの代わりとしても利用できるようになりました。特にApple Smart Keyboardを接続すれば、まるでノートパソコンのような利用が可能です。そして、iPadでは、Office文書を作成したり印刷できるようになりました。iPadからの作成方法、印刷方法を案内します。, Microsoftから提供しているソフトです。Officeという名前の通り、会社やオフィスでよく使うアプリをまとめて一つにした総合アプリです。ExcelやWord、OutlookやPowerPointなどが有名です。大抵の資料を提出するときにもOffice文書を求められるなど、今やパソコンとOfficeはワンセットのような扱いです。, Office文書とはOfficeで作られた文書のことです。単体のアプリ名+文書になる場合もあります。例えばWord文書で提出してくださいや、Excelのフォーマットを使ってExcel文書で提出するなどです。Office以外のアプリで作成した文書は、Officeソフトで閲覧や印刷できないため、Officeで作成するよう指定します。, Microsoftが提供している文書作成ソフトです。昔はワープロソフトと呼ばれていたこともありました。文章作成やレポート作成に優れたソフトで、文章を書くための機能として、左揃え、右揃えなどはもちろん、文書を装飾したり、図や写真を加えたりすることもできます。また、チラシや年賀状なども作成可能です。, Microsoftが提供している表計算ソフトです。Excelを開くとの項目を埋めていくことが基本ですが、計算とある事から、表を計算することが得意です。そして表を計算するための方法として、数式と呼ばれる四則演算に加えて、関数と呼ばれる複雑な計算式、表をグラフにしたりすることができます。, プレゼンテーションソフトです。スライドとよばれるものを一枚ずつ作っていきます。また、スライドだけではなく、動的なスライドを入れる事もできますので、プレゼンテーション資料を作るならPowerPointが現時点では基本のソフトです。営業職の人などが使いこなしています。, メモ帳アプリですが、オンラインで共有可能なメモ帳です。Evernoteのような使い方ができます。実はEvernoteより優れているのが、みんなで更新できるノートを無料で作れます。Evernoteの無料プランですと、1人2台のデバイスしか共有できないのですが、OneNoteはログオンできれば何台でも共有可能です。, 上記のソフト以外では、Outlookというメールソフト、Accessというデータベースソフトや、publisherと呼ばれるDTPソフトなどがありますが、これらの製品は、Windowsでしか利用できないアプリですのでご注意ください。, WindowsやMacといったパソコンでしか使えなかったOffice製品ですが、iPhoneやiPadでも利用できるようになりました。iPadでOffice製品の使い方は、2つの方法があります。それは、App StoreからOffice Mobileという専用アプリをダウンロード、Safariなどのwebブラウザを使ってアクセスする2つの使い方です。, iPadのApp Storeからアプリをダウンロードして利用することができます。正式にはWord Mobile、Excel Mobile、PowerPoint Mobile、Outlook  Mobile、OneNote  Mobileという製品です。すべてダウンロードしてもよいですし、利用したい製品のみをダウンロードしても良いです。無料でダウンロード可能です。, Office Onlineは、iPadがオフライン(ネット接続していない状態)の使い方で利用することができます。この機能は、Wi-Fiモデル(SIMカードが使えない)のiPad上で威力を発揮します。, オフラインで利用する場合は、保存先はiPad上に設定しておき、Wi-Fiなど、iPadをネット接続ができるようになったら、Microsoftが提供しているOneDriveなどのオンラインストレージに保存するという使い方で、iPad以外の他のデバイスなどでも利用することができます。, Office Online というサイトで利用することが可能なWebブラウザアプリです。iPadに限らずiPhoneやスマートフォン、パソコンなど機種を問わず利用可能です。, 名前にOnlineとついていますので、Office Onlineの使い方は、iPadであればモバイルデータ通信やWi-Fiなど、インターネットのネットワークに接続していなければ利用することができません。, 共同で編集する使い方が可能です。iPadとパソコン、iPhoneを持っている人が同時に編集できます。とくに、物理的な距離が離れている人とやりとりしたいときにはおすすめの使い方です。, Office Online以外のソフトでは、基本的に編集する端末以外は編集できないような使い方になっており、オンラインストレージであるOneDriveに保存したとしても、編集している端末以外は読み取り専用という、閲覧や印刷は可能なモードの使い方になります。, Office MobileやOffice Onlineでは、ファイルの閲覧、簡単な編集、印刷などの基本的な機能の使い方ができます。基本的な機能でもポイントを押さえれば必要十分な使い方ができますから、編集などで問題になることは少ないです。なお、今回の記事はiPadでOffice Mobile の使い方について紹介します。, まずはiPadのホーム画面上にあるExcel Mobileアイコンをタップします。次にMicrosoftアカウントが求められる場合がありますので、その時はMicrosoftアカウントを登録します。その後、OneDriveやiPad上に保存されたファイルを開くなら「開く」アイコンをタップし、新規作成する場合は「新規」をタップします。, その後、作成が終わりましたら保存をします。iPadのOffice Mobileで作成した資料を保存する場合は、OneDriveと呼ばれるオンラインストレージ、iPad上の保管場所、その他ストレージ上に保存可能です。, iPadでExcel文書を作成する方法とほぼ同じです。Word Mobileアプリを立ち上げるためにアイコンをタップし、Microsoftアカウントでサインインします。Excelと同様、サインインをしないと文書編集ができませんのでご注意ください。, Word Mobileを含むOffice Mobileは、iPad上で一度サインインしてしまえば、iPadがオフライン環境でも編集可能です。新規作成や保存されているファイルを開き、編集を行います。オフラインの場合の保存先はiPad上を選択することになります。, iPadでPowerPointを作成する方法もiPadでWord、Excelと同様です。PowerPointアプリをタップして立ち上げます。Power Microsoftアカウントを登録すれば、編集機能が使えるようになります。iPadがオフライン環境でOfficeを利用する方法もExcel、Wordと一緒です。, Office Mobile(Word、Excel、PowerPointなど)を最初に起動すると、Microsoftアカウントを求められます。Microsoftアカウントとは、Microsoftのサービスを利用する時に使うIDです。iPadやiPadでも無料で作成する事ができます。iPadでOffice MobileやOffice Onlineを利用するときは必ず必要となります。, iPadでWord MobileやExcel Mobileを立ち上げると、Microsoftアカウントの登録を求められます。そこで「アカウントを作成しましょう」のリンクをタップします。メールアドレス(自分が利用しているアドレス)、パスワード、名前、を入力します。, 自分の情報を登録して先に進むと、アカウントを登録したメールアドレス当てにセキュリティコードが送られます。ご自身のメールを確認し、メールに書かれた数字を登録します。その後は画面の指示に従い文字入力すれば完了です。, iPadはパソコンなどと違い、iPadから印刷するためには、無線LANやBluetoothなどを使ってプリンタとiPadを繋げた後に、各社から提供されているプリンタメーカーが出している専用アプリを使って印刷する方法と、iPadの機能として利用可能なAirPrintという機能を使って印刷するかのいずれかが一般的です。, iPadからプリンタアプリを利用して印刷する場合は、Office Mobile上で直接印刷できません。一旦ファイルをiPad上やクラウドストレージ上に保存し、その後専用アプリから印刷します。iPadとプリンタとの設定方法やiPadで専用アプリを利用する方法については、各メーカーごとに異なりますので、メーカーにご確認ください。, AirPrintとはiPhoneやiPadで使える印刷機能です。AirPrint対応プリンタでAirPrintを設定しておくと、専用アプリなどがなくても印刷可能です。ただし、iPadで正しくAirPrintの設定が終わっていれば、Office Mobileの印刷から、AirPrintで設定したプリンタが表示されますので、そのプリンタを選択すれば印刷できます。, iPadからコンビニの複合機で印刷する事ができます。例えばセブンイレブンでしたら「ネットプリント」というアプリをダウンロードすれば利用できます。それ以外のコンビニの場合は「ネットワークプリント」というアプリを使ってインストールします。, コンビニでプリントをする方法ですが、まずはiPadからApp Storeでそれぞれのアプリをダウンロードします。ダウンロードが終わったらiPadからアプリを立ち上げて、Office文書を選択し、各種設定をすることで印刷可能です。, Office Mobileというアプリは利用制限があります。アプリは無料でダウンロードできるのですが、無料で編集機能を利用なするためには、大きさに制限があります。サイズは10.1インチ未満でしたら無料で閲覧、編集が可能です。, そのため、9.7インチのiPadや9.7インチiPad Pro、7.9インチのiPad miniは無料で編集機能を利用することが利用可能ですが、10.1インチを超える大きさのiPad Pro(10.5インチと12.9インチ)では、閲覧と印刷のみ可能です。編集したい場合は製品版を購入する必要があります。, iPad ProでOfficeを使いたい、有料版のみ使える機能を利用したい場合はMicrosoftとOfficeの契約をする必要があります。Offce365契約は、月額1,260円かかるのですが、有料版の機能が利用できるだけでなく、OneDriveの保存容量が無料版の5GBから1TB(1,000GB)に増加されます。, Office Mobileの無料版を利用する場合、原則として商用利用ができません。商用利用という範囲は少し曖昧ですが、あくまでもプライベート、趣味の範囲内、私用で使う分には問題ない、ということになります。ビジネスで利用する事、企業で利用する時は、Office 365を契約する事で商用利用可能となります。, Excelは、有料版でも利用できない機能があります。一番はマクロという機能です。WordやPowerPoint にもパソコン版でないと使えない機能があります。そのような時はパソコンで編集します。iPadからパソコンへの連携方法は、OneDriveに保存する、メールなどの添付ファイルでパソコンに送るなどです。, OneDriveはMicrosoftが提供しているオンラインストレージです。OneDrive上にファイルを保存しておくと、iPad以外のパソコンでもファイルの編集ができたり、iPadやパソコンのWebブラウザでOffice Online上で閲覧、編集することができます。, Microsoftアカウントがあれば、iPadやパソコンのどこで使っても無料で5GB利用可能です。Officeしか利用しないのであれば、5GBもあれば問題ありませんので、Officeを利用するならばOneDrive上に保存することをおすすめします。, Mobile アプリです。iPad版の他に、iPhone版やAndroid版、Windows(タブレット)版が存在します。簡単なファイルの作成、編集だけなら無料でも問題ありませんし、Office 365を購入すればPC2台、iPadを含むタブレット2台、スマートフォン2台まで利用できます。複数の端末を保有している場合はおすすめです。, Google社が提供しているOfficeソフトの互換アプリです。Wordに対応しているのがGoogleドキュメント、Excelに対応しているのがスプレッドシート、PowerPointに対応しているのがスライドというアプリです。, Officeソフトと互換性が高い事、すべて無料で使える事から、少しずつ利用者が増えてきました。こちらを使う時は、iPadで利用する場合もGoogleアカウントが必須となり、ファイルはGoogleドライブ上に保存されます。Gmailアカウントをお持ちでしたらGmailアカウントでも利用可能です。, Apple社が提供しているOfficeソフトの互換アプリです。Wordに対応しているのがPages、Excelに対応しているアプリがNumbers、PowerPointに対応しているアプリがKeynoteです。iPadやiPhone、Mac用のアプリですからiPadで使いやすいです。Officeとの互換性はあまり高くありませんのでご注意ください。, iPadのOffice文書の作成方法を紹介しました。iPadでOfficeを利用する場合はMicrosoftアカウントが必須ということと、iPad Pro(9.7インチ以外)で利用する場合や商用利用する場合ははOffice 365の契約が必要という事です。iPadでできること、できないことを理解し、iPadを最大限に活用してください。.

フェイタルバレット ロストゲート 鍵, 英語 暗唱 おすすめ, ひまわり 塗り絵 簡単, 全日本 マラソンランキング 2019, プレミア プロ 余白, アヒル 英語 鳴き声, 焼き鳥 秋吉 メニュー, スマブラ テクニック 一覧, 子ども 落書き アプリ, 文化 意味 小学生, 布マスク 息苦しくない 作り方, 絵の具 グラデーション 2色, サラセニア 育て方 室内, 泡 描き方 アイビス, ヤフーショッピング クーポン 10%, 陸上 試合前 プロテイン, 窓 描き方 デジタル, 布マスク 息苦しくない 作り方, プレミア プロ 余白, Fgo カレイドスコープ ピックアップ, テニスウェア メンズ ポロシャツ, パスケース オリジナル 革, 英語 日常会話 単語, 看護師 勉強 アプリ, 七つの大罪 制作会社 戻る, 新宿 バスタ から熱海 高速バス, アイリスオーヤマ 冷蔵庫 162 口コミ, Sap 請求伝票 英語, 石井美保 化粧水 塗り方, 大手町 地下鉄 路線,