vuejs data 初期値 6

①アプリ側(Vue.js)からユーザ情報を外部サーバ(Laravel)になげる ②Laravel側で、受け取った情報に紐づく追加情報をデータベース(mysql)から抽出し、Jsonデータとしてアプリ側(Vue.js)に投げ返す ③返ってきた追加情報をアプリ側(Vue.js)で表示させる 想定としては、“ログイン情報からユーザ情報を取得し、プロフィール画面に表示する”みたいなことをしようとしてます。 KOHIMOTO LABOは、KOHIMOTO inc.のメンバーが気ままに更新しているブログです. v2.x 以前のドキュメントです。 | contains the "web" middleware group. そのinput要素の初期値(value属性)はアイテムリストページにて データの初期化. v3.x のドキュメントを見たい場合はこちら, 全ての Vue アプリケーション は、Vue 関数で新しい Vue インスタンスを作成することによって起動されます。, Vue のデザインは、MVVM パターンと厳密には関連が無いものの、部分的には影響を受けています。慣例として、 vm (ViewModel の略) を Vue インスタンスの変数名としてよく使います。, Vue インスタンスを生成するには、オプションオブジェクトを渡します。このガイドの大部分では、これらのオプションを使用して望んだ挙動にするための方法について説明しています。参考までに、全てのオプションの一覧はAPI リファレンスで参照できます。, Vue アプリケーションは、 new Vue で作成されたルート Vue インスタンス(root Vue instance)で構成され、必要に応じてネストされたツリーや再利用可能なコンポーネントで形成されます。例えば、Todo アプリのコンポーネントツリーは次のようになります。, コンポーネントシステム については後ほど詳細を説明します。今は、全ての Vue コンポーネントは Vue インスタンスで、同じオプションオブジェクトを受け入れる(いくつかのルート特有のオプションを除く)と理解しておけば十分です。, Vue インスタンスが作成されると、自身の data オブジェクトの全てのプロパティをリアクティブシステムに追加します。これらのプロパティの値を変更すると、ビューが”反応”し、新しい値に一致するように更新します。, このデータを変更すると、ビューが再レンダリングされます。dataのプロパティは、インスタンスが作成されたときに存在していた場合にのみリアクティブです。 つまり、以下のように新しいプロパティを追加する場合、, その後、 b への変更はビューの更新を引き起こさないでしょう。 後でプロパティが必要になることがわかっているならば、空でも存在しない場合でも初期値を設定するだけで済みます。 例:, これに対する唯一の例外は、既存のプロパティの変更を防ぐ Object.freeze()の使用です。これはリアクティブシステムが変更を 追跡 することができないことも意味します。, data プロパティに加えて、Vue インスタンスは、いくつかの便利なプロパティとメソッドを持っています。これらはユーザ定義のプロパティと区別するために、頭に $ が付けられています。 例:, 将来的には、インスタンスのプロパティとメソッドの完全なリストについては、 API リファレンス を参照してください。, 各 Vue インスタンスは、生成時に一連の初期化を行います。例えば、データの監視のセットアップやテンプレートのコンパイル、DOM へのインスタンスのマウント、データが変化したときの DOM の更新などがあります。その初期化の過程で、特定の段階でユーザー自身のコードを追加する、いくつかの ライフサイクルフック(lifecycle hooks) と呼ばれる関数を実行します。, 例えば、created フックはインスタンスが生成された後にコードを実行したいときに使われます。, この他にもインスタンスのライフサイクルの様々な段階で呼ばれるフックがあります。例えば、mounted、 updated、そして destroyed などがあります。全てのライフサイクルフックは、this が Vue インスタンスを指す形で実行されます。, インスタンスプロパティまたはコールバックでアロー関数 を使用しないでください。例えば、 created: () => console.log(this.a) や vm.$watch('a', newValue => this.myMethod()) です。アロー関数は this をもたないため、this は他の変数と同様に見つかるまで親スコープをレキシカルに探索され、そしてしばしば、Uncaught TypeError: Cannot read property of undefined または Uncaught TypeError: this.myMethod is not a function のようなエラーが発生します。, 以下は、インスタンスライフサイクルのダイアグラムです。今はこのダイアグラムを完全に理解する必要はありませんが、将来役に立つことでしょう。. コンポーネントの再利用. Direction / Branding / Design / Coding / Writing / UI / UX / System / SEO / Server Migration / Web Consulting / Web Marketing, |--------------------------------------------------------------------------, | Here is where you can register web routes for your application. コンポーネントは必要なだけ何度でも再利用できます: Vue のデータ監視モデルは決定論的なデータモデルを好みます。それは data オプションで率直にリアクティブにする必要があるすべてのデータプロパティを初期化することをお勧めします。 例えば、次のテンプレートが与えられると: Vue インスタンスの作成. 1 / クリップ vuejs-datepickerへの入力値を取得するのは簡単です。 v-model="defaultDate" を定義しているので、Vue.jsのデータバインディングの仕組でvalueには入力値が自動的にセットされます。 なので。 teratailを一緒に作りたいエンジニア, `v-model`は、デフォルトだと`value`を`input`イベントで監視・更新するシュガーシンタックスです。, 他のコンポーネントを見ていて気づいたのですが、最初に試した時は、 となっており、しかもそのmessageClearメソッドは未定義でした。なので、v-modelで反映されなかったのは、input要素に未定義のメソッドを記載していたことでした。methodsにmessageClearを定義したら上記の文でも反映されます。. ・編集 2018/11/24 22:46, 以下のようなinputフォームのvalue属性の内容を、vueのデータにすることはできないでしょうか。(初期値だけなので、連動はしなくてもよいです), , アイテムリストページがあり、アイテム名をクリックすると コンポーネントは再利用可能な Vue インスタンスなので、data、computed、watch、methods、ライフサイクルフックなどの new Vue と同じオプションを受け入れます。 唯一の例外は el のようなルート固有のオプションです。. その場合、v-modelは消してください。, 2018/11/24 23:48 編集. 全ての Vue アプリケーション は、Vue 関数で新しい Vue インスタンスを作成することによって起動されます。 var vm = new Vue({ // オプション}). v-model を使えば、Vueインスタンスの data をHTML要素にバインドできます。 変更された場合は、その値を参照しているDOM全てに反映されます。 computed に定義した関数は、関数内部で参照しているプロパティが更新された時に自動的に呼ばれます。こちらではbirthday プロパティの値に変更があるたびに呼ばれています。 See the Pen Vue Computed by Masahiro Harada (@MasahiroHarada) on CodePen. 現在、vuejsにてあるコンポーネントを作成しています。 アイテムリストページがあり、アイテム名をクリックすると 編集ページに飛ぶというもので、その編集ページについてです。 編集ページにはアイテムの情報入力用のinput要素があり そのinput要素の初期値(value v-on:click=“counter++” のように、if や loop を含まないJSの場合はインラインに直書きできます。 また、v-on:keyup.enter.space のようにつなげられます。 v-model. Vue.js Vuex 親コンポーネントでmapActionsで展開したactionを子コンポーネン... Laravel + Vue axiosでgetしてきた値をVueのフォームで送る方法. 0, 【募集】 最終更新日: 2020年9月7日. Now create something great! クリックされたアイテムの情報が入力されているようにしたいです。 0, 回答 6.算出プロパティ. 編集ページに飛ぶというもので、その編集ページについてです。, 編集ページにはアイテムの情報入力用のinput要素があり These, | routes are loaded by the RouteServiceProvider within a group which. "Access-Control-Allow-Headers: Origin, X-Requested-With". 2 / クリップ (画面上部には、アイテム名が表示される部分があり、そこにはクリックされたアイテム名が表示されています), teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。, 評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。, 上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。, Vue Router、Vuexともに利用しています。先ほどinputじゃなくてならいけるかなと思い試してみましたがダメでした, 現在は編集アイテムごとにURLは異なる形になっているのでURLが変わる方が分かりやすいです。(リストページに載っている各アイテムのリンクは/api/item/edit/(id)となっている形です。editページではcreatedでaxiosを使ってthis.$route.params.idを用いてサーバより対象データを取得しています), すみません、先ほどcreatedの部分を載せました。質問にも記載しましたが、必要なデータが取れていることは確認できています。, value="ここの初期値をdataのnameにしたい"  //value="{{name}}"にするとビルドエラー, :value="name"かv-bind:value="name"で動きませんか? 投稿 2018/11/24 18:42 ①アプリ側(Vue.js)からユーザ情報を外部サーバ(Laravel)になげる ②Laravel側で、受け取った情報に紐づく追加情報をデータベース(mysql)から抽出し、Jsonデータとしてアプリ側(Vue.js)に投げ返す ③返ってきた追加情報をアプリ側(Vue.js)で表示させる, 想定としては、“ログイン情報からユーザ情報を取得し、プロフィール画面に表示する”みたいなことをしようとしてます。, とりあえず、固定のuserid「bonchan」を投げたら、ニックネームとか出身地とかひっぱってくる感じにします。通信にはaxiosを使いました。この設定などは別記事で載せます><, まず、http://●●/profileにpostリクエストされたらProfileController.phpのget_profile関数を参照させます。, DBからデータを抽出し、最後Json形式にしてデータを投げ返します!Json形式について、こちらの記事がめちゃくちゃわかりやすいです。CORS処理記載もありますが、、これも別記事にまとめます><, 「1.Vue.js側でのPOST処理」で全部書いてありますが、、「res.data.キー名」で返ってきた値を、ひとつづつ代入してます。もっといいやり方はありそう..。 またthis.name = res.data.name;で代入しようとしたところ、thisが本来のデータを参照してくれずうまく値を入れられなかったので、selfにいったん退避させるという方法をとりました。参考はこちら, 一部抜粋です。返ってきたデータは{{ profile }}のように二重かぎかっこで表示させることができました。inputのvalueに入れたいときは、v-model=”name”と記述することで、value値に表示させることができました。   ひとまずこれで表示することができました。vue.js、Laravel初心者のため手探りすぎるので、、もっと良いやり方あったら教えていただきたいです!, 2018.07.172019.06.26 ART ,BOOK ,MUSIC ,ONEDAY ,TRAVEL, 先月京都旅行にいってきましたが、清水寺以外はお寺など回らず、三条らへんを散歩などかなーりゆるめの旅行をしてきたので記 … More, 2019.01.042019.06.26 DIARY ,INFO ,UNCATEGORY, 中野に縁がありよく銭湯へいくのでおすすめ銭湯を2つ紹介してみます。 どちらも駅からはすこし歩くのですが秋の夜のお散歩 … More. Vue インスタンス. Nuxt + echo(Golang) でフロントからAPIにデータをPOSTする方法を教えていただ... Vue.jsの単一ファイルコンポーネントで、App.vueから子コンポーネントにデータを渡せない, 回答 (アイテムリストと編集ページは親子関係にはありません), このコンポーネントが作成された際に、createdでaxiosを使いアイテムのデータ取得できています。 このコードは一見正しく動くように見えるのですが、propsの値が初期値に使われた後はdataとpropsの間で値が同期されないため、 親コンポーネントから別の値を送り込んでも反映されなくなります。 それではどうすればいいかというとこれも算出プロパティを使うと回避可能です.

アウトドア カスタム 車 中古 5, Mybatis Update Null 7, ルート化 され た端末 では 起動 できません 13, 椅子 Cad フリー 立面 6, そう る 透 嫁 13, Autocad A1 A3 印刷 13, Jenkinsfile Pipeline Variables 6, 主題歌 オーディション 2020 19, ほん怖 死神 武田真治 37, 昼顔 ドラマ Pandora 8, エスジェ ネイルハードナー 口コミ 5, ストローク エンド と は 4, プラスチック水筒 ひび割れ 補修 8, 松下洸平 母 絵 4, フェアリーテイル アニメオリジナル つまらない 37, フロントガラス レジン 100 均 9, 運転が 上手い 星座 12, Cream ライブ 2019 7, Chr ルーム ランプ ヒューズ 5, 彼氏 喧嘩 音信不通 期間 4, 表札 掃除 風水 8, アマゾン プライム Cd に焼く 4, 黒い砂漠 シャイ 強い 8, 日立化成 リストラ 2020 34, Wrxs4 フロント リップ 6, 飾り罫 フリー Ai 7, バナナフィッシュ 主題歌 歌詞 8, 明日の運勢 生年 月 日 仕事 4, 鈴虫 飼育 ダニ 27, Deen The Best Forever ~complete Singles Rar 25, スバル ドライブレコーダー 持ち込み 7, Lenovo カメラ 暗い 10,